ブログ

冬のローズマリーウィーク
2012.12.25

12月17日(月)から21日(木)にかけて、
汐留・日テレタワーの16階カフェテリア、17階社員食堂におきまして、
ローズマリーを使ったメニューを提供する「ローズマリーウィーク」が開催されました。


17F社員食堂
16Fカフェテリア
12月17日(月)
チキン&洋野菜ぺペロンチーノ
ローズマリー風味
12月18日(火)
ポーク&ナストマトソースパスタ
ローズマリー風味
12月19日(水) 白身魚の唐揚げ
ローズマリー風味

12月20日(木) ローズマリー風味の
ローストチキン

12月21日(金)
ミートソースパスタ
ローズマリー風味

防虫効果を期待し、日テレ周辺に大量に植栽しているのですが、
成長が早すぎるため、年に2~3回伐採しているのです。
ということで、夏に引き続き実施させていただきました。
20121217.JPG
20121219.JPG

今回も持ち帰り用のローズマリーも別に用意させていただきましたが、
食堂の営業開始45分で、全てなくなってしまいました。
気象予報士の木原さんがエコ漫談に挑戦!
2012.12.15

12月13日~15日に東京ビックサイトで開催された『エコプロダクツ2012』。

会場内のステージに、
気象予報士の木原さん、馬場典子と森圭介2名の日テレアナウンサー、
そして、日テレお天気キャラクター「そらジロー」君が登場しました。

blog001.JPG


ステージの最初は、木原さんと森アナによる「エコ漫談」。
観客席は笑い声が溢れ、本人たちも楽しかったようで「またやりたい!」と言っていました。

blog002.JPG


最後には、会場に来ていた学生たちにステージへ上がってもらい、
「エコ実験教室」を開催。
ペットボトルで雲を簡単に作る方法を披露しました。

blog003.JPG


日テレが開発したLED照明が最優秀賞!!
2012.10.10

日テレが開発したスタジオ用LED照明が、
この度、民放連賞技術部門の最優秀賞を受賞することが決まりました。


%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%ACLED%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E6%9C%AC%E4%BD%93.jpg


現在の市場にあるスタジオ用LED照明は、
調光システムに追加設備が必要となってしまいますが、
このLED照明は、既存の設備にそのまま使えるということが優れています。

これなら、あまり経営規模の大きくないテレビ局やスタジオで、
莫大な設備投資をせずに、エコな照明を導入できます。


IMG_23023.JPG


日テレでも、24時間ニュース専門チャンネル
「日テレニュース24」のスタジオですでに運用されていて、
今後少しずつ増やして行く予定です。

今年もローズマリーウィークが開催されました!
2012.08.06

今年も8月1日から「ローズマリーウィーク」が開催されました。

汐留・日テレタワーのまわりには、無農薬で他の植物を育てるために、
防虫効果のあるローズマリーがたくさん植えられていますが、
成長が早いため、年2回、刈り取り作業をしています。


しかし、ローズマリーはスーパーなどで購入すると、高級食材。
捨てるのはもったいないので、キレイに洗浄し、
社員食堂のメニューに組み込んでもらっているのです。


DSC_0293.JPG


それでも大量に余るので、
食事を終えた社員・スタッフが、自宅でもローズマリーの料理にチャレンジできるよう、
無料配布も実施しました。


DSC_0268.JPG


みなさまのご家庭でも、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


『汐留環境の会』で銀座のミツバチを偵察?!
2012.05.19

『汐留環境の会』とは、汐留エリアに本社を置く会社の環境担当者が集まり、
お互いの環境活動に関する情報を交換する会で、
10回目となる今回は、「銀座ミツバチプロジェクト」にお邪魔し、
その取り組みについてお話を伺いました。

%E5%80%99%E8%A3%9C001.jpg

「銀座ミツバチプロジェクト」とは、銀座のビルの屋上でミツバチを飼い、ハチミツを集め、
それを銀座の飲食店などで実際に活用しているNPO団体のことで、
2006年に活動をスタートしました。

ミツバチと環境との間にはどんな関係があるの?」と疑問を持たれる方も
いらっしゃると思いますが、
ミツバチは、環境の変化に敏感で、豊かな自然に囲まれていなければ生きていけないため、
環境指標生物」と言われています。
つまり、ミツバチが生息できるということは、他の動植物が住んでも安心な環境であるという
証明になるのです。

ミツバチの活動範囲は半径約2kmと言われていますが、
銀座を中心に描いた円の中には、街路樹や緑化されたビルの屋上以外にも、
大自然が残っている皇居や日比谷公園、さらには汐留エリアを越えた
浜離宮も含まれるそうです。
というとこは、日テレのある汐留も、豊かな自然に囲まれた環境と言えるのではないでしょうか?

参加者は、年900kgも収穫されるという事実に驚いていたほか、
ハチの巣から直接ハチミツを採って口にする体験をするなど、大変強い関心を示していました。

%E5%80%99%E8%A3%9C002.jpg

採れたハチミツは、銀座の飲食店で口にすることができるほか、
瓶詰めとしてデパートで購入できるなど、人気商品となっています。
また、最近ではキャンドルや化粧品などにも使用され、その使用範囲を広げています。

%E5%80%99%E8%A3%9C003.jpg

プロジェクトではさらに活動範囲を日本各地に広げ、
「都市と自然の共存」をテーマに地域活性化に貢献しています。

詳しくは、銀座ミツバチプロジェクトのホームページをご覧ください。

そらジローがエコプロダクツに登場!
2011.12.18

12月15日から17日にかけて、「エコプロダクツ2011」という日本最大級の環境展示会が
東京ビッグサイトで開催されました。

その会場の一角で、「そらジローのエコ大冒険」と題したステージを行いました。

CIMG5208.JPG

主演は日テレのお天気キャラクター・そらジロー、
共演は気象予報士の木原実さん、日テレのマスコット・ダベアくん、
そして、藤井恒久・宮崎宣子両アナウンサー。
5名の出演により、前半は演劇、後半は会場を交えたエコクイズという構成で、
あっという間の45分間でした。

CIMG5210.JPG

いつもテレビでおなじみのキャラクターの爆笑ステージ、
子供さんからお年寄りの方まで多くの人が足を止め、
客席が足りなくなるほどの盛り上がりでした。

今年の夏も、ローズマリーウィークが開催されました!!
2011.08.05

昨年から引き続き、今年も社内でローズマリーウィークが開催されました。

8月1日(月)~5日(金)の期間、
17階社員食堂および16階カフェテリアで提供される食事に、
ローズマリーを使った特別メニューが加わりました。

photo_20110803_01.JPG


17F社員食堂
16Fカフェテリア
8月1日(月) ハニーローストチキン
ローズマリー風味
ハーブチキン&ブロッコリー
トマトソースローズマリー風味
8月2日(火) サーモングリルのローズマリー風味
きのこバターソース
ハーブチキン&ブロッコリー
トマトソースローズマリー風味
8月3日(水) 白身魚の唐揚げ
ローズマリー風味
スモークサーモン&ポテト
ぺペロンチー二ローズマリー風味
8月4日(木) 豚肉のローズマリー
ガーリックソテー
スモークサーモン&ポテト
ぺペロンチー二ローズマリー風味
8月5日(金) 若鶏のトマト煮込み
ローズマリー風味
ビーフ&しめじトマトソース
ローズマリー風味

このローズマリーは、汐留・日テレタワー周辺に植栽されていたもので、
その防虫効果によって、他の植物を無農薬で栽培することができるのです。

photo_20110803_06.JPG

ローズマリーは、その香りを楽しむだけでなく、
食べると、抗酸化作用による老化防止効果や、消化促進効果もあるそうです。
暑さで弱った胃腸の働きを助けるには、ピッタリですね。

photo_20110803_02.JPG

また、袋詰めにしたローズマリーも配布させていただきました。
女性だけでなく、男性も喜んで持って帰っていました。

photo_20110803_04.JPG

みなさんのご家庭でも是非お試しください。
キャップを使った建材のテーブル、東日本大震災被災地へ贈呈
2011.06.13

2011年のエコキャンペーンイベント会場「たすけあいのチカラ」エリアでは、「ecoキャップアート」ワークショップを開催。

1.JPG

来場者の皆さんが作業台として使ったテーブルは、
キャップを材料にしたリサイクル建材で作られたものです。
イベント終了後、これらのテーブル6台が、東日本大震災被災地へ贈られることに。

1.JPG

1.JPG

贈呈式は6月10日(金)、「岩手県立陸中海岸青少年の家」で行われました。
「岩手県立陸中海岸青少年の家」の体育館では、校舎が被災した岩手県山田町立船越小学校と大槌町立大槌小学校の2校が授業を行っています。
昼休みの合間を縫っての贈呈式には2校の小学生たちがたくさん集まってくれて、素晴らしい式になりました。

キャップが32人分のワクチンに!
2011.06.06

「つなげよう、ecoハート。~明日へのチカラ~」のSHIBUYA-AXイベント会場には
日本テレビの人気番組の出演者からのメッセージが流れる
「喋る!ecoキャップ回収BOX」を5箇所に設置。
今年は、エコ特番MCの中山秀征さんと
キャンペーンパーソナリティの濱田龍臣君をはじめとして、
計34組からのメッセージが寄せられました。
キャップを入れる度にどんなメッセージが飛び出てくるか・・・これを楽しみに、せっせとキャップを入れるこども達の姿が目立ちました。

1.JPG

皆さんのご協力によって回収されたキャップはボランティア団体を経由してリサイクルされ、
その売却益は、世界のこども達に届けるワクチン購入に役立てられることになります。
(詳しくは「ボトルキャップがワクチンになるまで」http://www.ntv.co.jp/eco/tokusyu/cap_02.htmlをご参照)

6月4日、5日の2日間、お客様にお持ちいただいたボトルキャップの分量は2日間で47.2キロ、計18,880個。
これらとワークショップで使用したキャップと合わせて25,880個が、約32人分のポリオワクチンとして贈られることになります。

キャップで遊ぼう、学ぼう、助け合おう
2011.06.06

6月4日と5日、「つなげよう、ecoハート。~明日へのチカラ~」イベントをSHIBUYA-AXで実施しました。
イベント会場の「たすけあいのチカラ」エリアでは、今年も「ecoキャップアート」のワークショップを開催。

1.JPG

1.JPG

日本テレビ社内で事前に回収・洗浄したペットボトルのキャップを使って
会場を訪れた方々が創作活動を楽しむ試みです。

小さいお子様から大人まで、思い思いの作品づくりに夢中になる姿が見られました。

1.JPG

1.JPG

幅2.8メートル、高さ2.1メートルのカラフルな壁画も、皆さんの力で無事完成!
作品タイトルは「明日へ向って」、約5000個のキャップを使いました。

エコキャップアートに使われたキャップは、後にリサイクルされ、ワクチン購入に役立てられます。
(詳しくは「ボトルキャップがワクチンになるまで」http://www.ntv.co.jp/eco/tokusyu/cap_02.htmlをご参照)

1.JPG

1.JPG

1.JPG

1.JPG