日テレCSR

トップ > 日テレCSR > 人材育成

人材育成

 日テレは、多くの人に支持される放送局であり続けるために、コンテンツの更なる充実が不可欠であると考えています。

 「コンテンツ制作力」は、"人"です。そこで、優秀な人材を求め、新卒・既卒を問わず多様な採用・雇用を実施し、その能力を最大限発揮できる環境整備に 努めています。社員の仕事の成果を正しく評価するための人材評価制度や、社員の適正な育成を行なうためのキャリアデザイン、ジョブリクエスト制度を導入し ています。

 2003年8月には給与体系の改定を行ない、年令や勤続年数による体系から、社員の実績を重視する成果主義に一本化しました。

 また、社員の自己啓発やうるおいのある生活を実現するための福利厚生カフェテリアプランなど、社員の活性化に貢献するさまざまな施策を推進しています。それはとりもなおさず、会社の価値を高めることになるのです。