日テレCSR

トップ > 日テレCSR > 社会貢献

社会貢献

情報バリアフリー

 日テレは2001年8月、ニュース番組としては我が国で初めて、全編リアルタイム字幕放送(愛称:リアルキャップ)をスタートさせました。
現在、昼の「ストレイトニュース」、夕方の「ニュース・リアルタイム」で実施しています。キャスター、アナウンサー、リポーターはもちろん、記者会見、イ ンタビューなどの音声を瞬時に字幕に変換して画面に映し出すシステムで、聴覚障害をお持ちの方々に高く評価されています。  政府が提唱する「情報バリアフリー」推進への貢献です。
 このほか、日テレは数多くの番組で字幕放送を行ない情報伝達の機会均等をめざしています。

文化遺産

今から四半世紀前にヴァチカンのシスティナ礼拝堂を訪れた方は、うす黒くすすけた「最後の審判」や天井画を目にされたはずです。それが今や豊かな色彩に彩られたミケランジェロの力強い筆致に圧倒されます。
 日テレはヴァチカン市国からの要請でこの礼拝堂修復事業に取り組みました。1981年から94年にわたるあしかけ14年の長期プロジェクト、500年の時を超えて巨匠の芸術がよみがえりました。
 このほか、パリ・ルーブル美術館の「モナリザ」「ミロのヴィーナス」の展示施設改修事業、南仏・ニース郊外に完成したロスチャイルド美術館の日本庭園修復事業など世界的文化遺産の保存、保護に貢献しています。

24時間テレビ「愛は地球を救う」

 日本テレビの誕生25周年を記念して1978年に産声をあげた「24時間テレビ」。視聴者の皆様から寄せられる募金と、番組の趣旨に賛同される企業、そ して国内最大のネットワークを誇る日本テレビ系列各社の協力を得て、「福祉」、「環境」、「災害援助」の3本の柱を中心に活動を行っています。

公益財団法人 日本テレビ小鳩文化事業団

1974年に「テレビを享受できない目と耳の不自由な方々を支援する」目的で設立された「日本テレビ系列愛の小鳩事業団」と、1976年に「文化の普及、交流、振興に努め、テレビの枠ではとらえきれない事業を行う」目的で設立された「日本テレビ放送網文化事業団」は、財団運営の効率化と事業活動の相乗効果を図るため、2012年4月2日、公益財団法人「日本テレビ小鳩文化事業団」として統合されました。現在行なっている主な事業は以下の通りです。

手話スクール開講
手話の普及発展を願い、毎週土曜日、千代田区麹町で約100人の受講生が手話を学んでいます。

ニュースの手話放送
毎週日曜日のNNN朝のニュースに手話通訳をつけ全国にお届けしています。

点字カレンダー配布
世界でも珍しい12枚の写真付点字カレンダーを毎年、全国の視覚障害をもつ方々に無料で配布しています。

俳句塾の開講
俳句を通じて日本語への関心と日本語能力を高めること、そして四季の情景を楽しむ感性をはぐくむことを目指して、隔週土曜に中学生から大人までの幅広い世代が共に学んでいます。

想いでの詩コンサートの開催
抒情歌、童謡を中心に、自然の美しさ、家族の絆などを歌った楽曲のコンサートです。歌をとおして日本の美しさ、人々の温かさを感じてほしいとの願いから、毎年様々な歌い手さんの共演によるハーモニーをお楽しみいただいています。