日テレCSR

トップ > 日テレCSR > サステナビリティ

日テレサステナビリティ

日テレ・サステナビリティ基本方針

  • 視聴率の追求のみならず質の高さも兼ね備えた番組の制作に努めるとともに、日テレ・タワーの最新鋭機能を効率的に活用して、デジタル新時代を積極的に生き抜いていきます。
  • 若い世代に夢のある美しい地球を残すため番組を通じて環境保全をアピールするとともに環境負荷低減に努めます。
  • 経営環境の変化に対応する迅速な意思決定と業務執行に努め、持続可能な企業価値向上と社会への貢献度を高めていきます。

サステナビリティとは

 限りある資源、進行する環境破壊、この地球上で生き続けるために私たちは何をなすべきか、政府、企業、市民それぞれの役割は何か、今、世界中で問われて いる問題です。そしてその問題を解くキーワードの一つが「サステナビリティ」、持続可能性とか持続的発展と訳されています。  バブル期に求められた「物の豊かさ」から、人々の欲求は「心の豊かさ」へと変化しています。

 そのため、企業に対する評価も、それまではただ単にもうかっているかどうかという経済的指標だけで済んでいたのが、今や企業を取り巻く環境、社会といった人類の生存に関わる分野とどう向き合っているかというところに目が向けられています。

 社会全体が発展し続けることを願ってさまざまな取り組みをする企業が、実は自らの価値をも創造し成長し続けることが可能になる、というのが「サステナビリティ」です。