特集

日テレ出張エコ教室レポートVol.2~葛飾区立青戸小学校~

日テレ出張エコ教室スタート

「ズームイン!!SUPER」出演のお天気キャスター・平井史生さんと西尾由佳理アナが、 学校にお邪魔して、社会や総合学習の授業の中で、先生方やこどもたちと共に環境の学習を深めようとする「日テレ出張エコ教室」。2009年1回目は、環境 教育にも熱心な東京都葛飾区・青戸小学校へ。6年生50人と、地球温暖化の原因とされている、二酸化炭素の性質などについて、実験を通じて理解を深めてみ ました。

気象予報士・平井史生さん、西尾由佳理アナ、ズーミン&チャーミンと一緒に、エコを学びましょう!

まずは、海の水が入ったペットボトルを用意します。

平井さんがペットボトルの中に入れているのは、地球温暖化の原因とされている、二酸化炭素です。

二酸化炭素を入れたペットボトルをよ~く振ると…、「うわー!びっくりした!」との声が! 一体、何が起こったのでしょう?

なんと、ペットボトルがへこんでしまいました。 でも、どうしてこんな現象が起こるのでしょうか?

その理由は、海の水が、ペットボトルに入れた二酸化炭素を吸収してしまったからなんです。

さらに、ペットボトルの中にBTB溶液を入れてみます。中性なら緑色、酸性なら黄色、アルカリ性なら青色に変色します。 果たして、その結果は…!?

酸性を示す黄色に変化しました!
元々、アルカリ性だった海水が、二酸化炭素が溶け込むことによって、 酸性に変化したのですね。

大気中の二酸化炭素が増えすぎて、海の酸性化が進むと、そこに住む生物に悪影響を与えることが心配されています。

最後は、今日学んだエコについて発表。エコについての意識を一歩深めることができました。 「日テレ出張エコ教室」は、まだまだ続きます!

「出張エコ教室を終えて・・・」

「短い時間に7種類の実験をやりました。みなさんに理解してもらえるか心配だったのですが、そこは6年生、しっかり予習をしていたみたいで、とても助かりました」

「みんな積極的に手を挙げて発言をしてくれて、やりとりの楽しい授業になりました。みんなに負けないように私ももっと勉強します!!」

「私も含めて、担任や子供、保護者もいい学習をしたな、と満足感でいっぱいでした。改めて、体験や観察等が大事だな、ということが、今回の授業を通じてよくわかりました」

(青戸小学校 伊井祐司校長)