特集

日テレ出張エコ教室レポートVol.3~葛飾区立松上小学校~

日テレ出張エコ教室スタート

「ズームイン!!SUPER」出演のお天気キャスター・平井史生さんと西尾由佳理アナが、学校にお邪魔して、社会や総合学習の授業の中で、先生方やこどもたちと共に環境の学習を深めようとする「日テレ出張エコ教室」。
大好評の第3回目が、2009年6月2日に葛飾区立松上小学校で行われました。
今回は「わたしのエコ、あなたのエコ、みんなのエコ」と題して、地球温暖化のしくみとその原因となるCO2、そして、CO2を排出しない新エネルギーについて、楽しい実験を取り入れながら、理解を深めてもらいました。

地球温暖化ってなに?
分かりやすいイラストを交えながら、地球温暖化やその原因となるCO2についてなどをしっかり勉強!

1時間にCO2排出量を風船で体感!
化石燃料を燃やして、日本人1人がどれだけCO2を出しているのだろう?風船の大きさでは...。みんなビックリ。

風もエネルギー源
みんなが団扇を扇ぐと、ほら、プロペラがまわります。自然の風力は電気に代わるクリーンエネルギー。

太陽もエネルギー源
太陽の光だけでも、ペットボトルで作ったソーラーカーは坂道を登れるんですね。太陽電池のパワーにみんな感動していました。

平井さんに調整してもらって・・・
太陽電池パネルをどんな角度にしたら、もっと速く走るかな?平井さんに調整してもらって、再チャレンジ!

みんなで競争!
誰のソーラーカーが一番速いか、みんなで競争しよう!楽しむことが、エコを考えることへの近道です。

そういえば、風力発電もあるよね
松上小学校には、なんと、風力発電・太陽光発電の設備があります(写真右)。夜間人通りがあると電灯がつくのです。いつもは気にしてなかったけど、こんなところにもエコがあったんだ!

次はどんな実験かな?
体育館に戻って、次の実験です。水を入れたペットボトルに二酸化炭素(CO2)を入れて・・・

ペットボトルをみんなでシェイク!
こうやってCO2を水に溶かして、BTB溶液を入れると、水が酸性になることが分かります。実は、海も同じように酸性化して、魚などが住みにくくなってしまうんです。

今日のエコ教室はどうだったかな?
松上小学校での出張エコ教室も、あっという間に終わってしまいました。みんな、実験を通して、エコを身近に感じられたかな?

「出張エコ教室を終えて・・・」

「はじめはみんな静かだったので、「僕の話がつまらないのかなあ」と緊張しました。
でも、ズーミンやチャーミンが加わると大いに盛り上がりました。みんなも緊張していたのですね。」

「最初はちょっと緊張していたみんなも、平井さんの実験で楽しんでくれたようです。エコに関心を持つ小さなきっかけになってくれていればうれしいです。」

「CO2削減をはじめ様々な環境問題を抱えている今、エコについてより子どもたちの関心が高まりました。日頃の生活からエコに目を向けて、今後も子どもたちと考えていきたいです。」

(葛飾区立松上小学校 
 6年2組 坦任:南出浩)