番組タイトル

金曜ロードショー

放送予定

5月14日(月) 深夜2:09~4:00
ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

HIDE AND SEEK 2005年 アメリカ

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

<監督>

ジョン・ポルソン

<キャスト>

ロバート・デ・ニーロ
  ダコタ・ファニング
  ファムケ・ヤンセン
  エリザベス・シュー
  エイミー・アーヴィング

<解説&ストーリー>

悲劇は突然、デビッドとエミリーの親子に訪れた。彼らの愛する妻であり母だったアリソンが、自ら命を絶ったのだ。浴室で手首を切り、血塗れになった母の姿。それはまだ9歳のエミリーが受け止めるには、あまりに大きな衝撃だった。すっかり心を閉ざしてしまうエミリー。心理学者であるデビッドは幼い娘の心の傷を癒そうと、エミリーと飼い猫のセバスチャンと共に、ニューヨーク郊外の湖のほとりある静かな町に移り住む。家中がアンティークのような古く大きな一軒家は、理想の住まいに思われた。しかし、エミリーは周囲と打ち解けようとせず、いつしか地下室で“見えない友達”と遊ぶようになっていく。「チャーリー、どこにいるの?出ておいで・・・」暗闇に響く、エミリーの声。心に傷を抱える子供が、想像上の友達と遊ぶのはよくあること。だがチャーリーと名付けられた、エミリーの“見えない友達”は、ただの遊び友達ではなかった。深夜、浴室での物音に気づいたデビッドは、そこにクレヨンで殴り書きされた「彼女を殺したのはお前だ」の文字を見つける。振り向けば、泣きじゃくるエミリーの姿が。「書いたのは私じゃないわ、私じゃない・・・チャーリーなの」
さらに町で親しくなった女性エリザベスを家に招いた夜、猫のセバスチャンが殺されてしまう。「チャーリーがやったのかい?」「エリザベスが悪いのよ」「パパは世界で誰よりもお前を愛しているんだ」「ママも死ぬ前にそう言ったわ・・・」デビッドは愛する娘の心の闇を開くために、すべてを投げ打つ決意をする。しかし、それはさらなる悲劇の始まりに過ぎなかった・・・。

(c) Nippon Television Network Corporation