4/22〜26OA 常設公演スタート!『Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響 - MANGEKYO-』

いよいよ今週末からゴールデンウィークがスタートしますね和む
休みがたっぷり取れる人も、仕事があって実は少ししか休めない、という人にもオススメのエンターテイメントがありますピース!

外国人観光客の間でも話題になっています!
日本の伝統芸能である和太鼓と、プロジェクションマッピングなど最先端のテクノロジーが融合する、これまで出会ったことのない、新しいエンターテイメント!
その名も、
『Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響--MANGEKYO--』キラキラ

和太鼓エンタテインメント集団「DRUM TAO」とは、1993年に愛知県で結成、現在は、大分県の久住を拠点に活動されています。
年間400公演を行い、NYオフ・ブロードウェイでも大成功を収めるなど、これまで世界24カ国500の都市で公演を行なって、観客動員数は800万人を突破しています!

この万華響を手掛けているのは、総合演出がDRUM TAOフランコドラオさん、舞台衣装はコシノジュンコさん、映像演出はチームラボ、舞台美術はトニー賞にもノミネート経験を持つ松井るみさん。
コシノジュンコさんが手がける衣装から覗くDRUM TAOの皆さんの肉体美も素晴らしいんですハート

和太鼓の概念が変わること間違いなし!
この春から1年間常設開催となり、ますますパワーアップ!
未体験の方はぜひ、この機会に楽しんで下さい。

ゲストに、DRUM TAOから万華響公演のリーダーを務める岸野央明さんを迎えて、DRUM TAOに入ったきっかけや今回の公演の見どころについて伺いますルンルン

〜ラインナップ〜
【月】和太鼓エンターテイメント!万華響公演が常設開催!
【火】世界が注目するDRUM TAOの魅力
【水】ますます進化した万華響公演
【木】普段のトレーニングが凄い!
【金】外国人観光客にも大人気!公演と一緒に楽しめるグルメプランも!

〜イベント紹介〜
【タイトル】『Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響--MANGEKYO--』
【スケジュール・会場】有楽町・オルタナティブシアターにて、6月30日まで、春公演開催中!
【チケット料金】昼公演は午後3時から、夜公演は8時からの開催。
全席8,500円。現在発売中!
【公式サイト】https://mangekyo-tokyo.com

tao.jpg