12/3〜12/7OA 1月25日から上演!舞台『暗くなるまで待って』

12月に入りましたね!師走ですショック!ここからが一気に早く過ぎていくのではないでしょうか?あっ。

忙しい時こそ、好きな香りでリラックスすることってありませんか?ハート今週のゲストのこの方は、役作りを香りでするのだそうです!キラキラ

元宝塚歌劇団・宙組トップスター、凰稀かなめさんですハートキラキラハート

宝塚時代は『モンテ・クリスト伯』『ベルサイユのばら』のオスカル、『風と共に去りぬ』ではレッド・バトラーを演じ、『ロバート・キャパ 魂の記録』などでトップスターを務め、2015年に退団。2019年は舞台『暗くなるまで待って』で、加藤和樹さんとW主演を務めますルンルン

『暗くなるまで待って』と言えば、1966年にブロードウェイで初演され、その後、オードリー・ヘップバーン主演で映画化されたサスペンスの名作泣ける

凰稀さんが、今回演じるのは盲目の女性スージー役。
舞台はロンドンのアパートの1室。凰稀さん演じるスージーは盲目の若妻です。ある日、麻薬が仕込まれた人形を、夫が、そうとは知らずに持ち帰ってきます。
その人形を取り戻そうと加藤さん扮するロートら悪党3人が入れ替わり立ち替わり家を訪れ、言葉巧みにスージーを騙し人形を取り戻そうとします。
しかしやがて彼らの言動を不審に思ったスージーが男たちの正体を暴いていき...ショック!

さて、どんな舞台になるのでしょうか?
そして、凰稀さんは、今回のスージー役ではどんな香りを選ぶのでしょうか?
ぜひ、舞台の前方の席で、その香りをアツい舞台と共に感じて下さいハート

歌やお芝居だけでなく、サックスも演奏し、舞台ではコントもこなす、マルチな才能と美貌の持ち主キラキラ
今週は、舞台の見どころと共に、凰稀かなめさんの素顔にも迫りますルンルン

〜ラインナップ〜
【月】宝塚トップスターから、女優・凰稀かなめさんへ
【火】香りで役作り!?ご自分でもプロデュースをする香りの魅力
【水】サックスも披露!音楽の才能を紐解く
【木】コントやお笑いも追求する女優魂とは?
【金】舞台「暗くなるまで待って」への意気込み

〜イベント紹介〜
【タイトル】『暗くなるまで待って』
【演出・キャスト】演出:深作健太、キャスト:加藤和樹、凰稀かなめ、高橋光臣、猪塚健太、松田悟志
【スケジュール】2019年1月25日から2月3日まで。池袋・サンシャイン劇場にて。
【チケット料金】全席指定 8、800円。現在発売中!
【お問い合わせ】0570ー00−3337 サンライズプロモーション東京
【公式サイト】http://wud2019.com

ooki.jpg