毛利衛原作の児童文学を少年社中が舞台化!
2017年バージョンで熱狂的に迎えられた矢崎広、生駒里奈コンビが再び主演!
2020年1月、サンシャイン劇場が宇宙空間となる!


【原作】毛利衛「モマの火星探検記」 (講談社刊)
【脚色・演出】毛利亘宏

【CAST】
 井俣太良 大竹えり 田邉幸太郎 
 堀池直毅 廿浦裕介 加藤良子
 長谷川太郎 杉山未央 内山智絵 
 竹内尚文 川本裕之

 矢崎広 / 生駒里奈

 諸星翔希 松村龍之介 
 山崎大輝 伊藤昌弘
 鎌苅健太 赤澤燈 
 鈴木勝吾 / 小須田康人


◆モマの物語
宇宙飛行士のモマは、父との約束を果たすために
人類初の火星探検に挑む。

「人間はどこからきたのか、
なんのために生きているのか」
火星に向かう旅の中でモマは
その意味を考え続けていた。

そんなある日、モマの前に『幽霊』が現れる。
驚きながらも奇妙な出来事を受け入れる中で、
モマは少しずつ人間が生きる意味について
考えていくのであった...。

◆ユーリの物語
北の国に住む少女ユーリの父親は
宇宙飛行士だった。
彼女が生まれる前に人類初の火星探検に旅立ち、
帰らぬ人となったという。
ユーリは行方不明となった父親に
メッセージを送ろうと、
仲間と小型ロケットを作り始める。

やがて、失敗を繰り返すユーリの前に
一人の『幽霊』が現れる。
幽霊はユーリに問いかける。

「宇宙の境界線はどこにあると思う?」

その姿にどこか懐かしさを感じたユーリは、
幽霊との対話を繰り返しながら、
仲間たちと小型ロケットを完成させる。

    
日程

2020年1月7日(火)〜 20日(月)
※開場は開演30分前

会場

サンシャイン劇場

チケット

前売・当日:8,800円(税込・全席指定)
※未就学児入場不可

問い合わせ

[少年社中] 03-3228-4998

オフィシャルサイト