ちゃんと覚えていました


最近、急激に気温が下がりましたね!

涼しい風を入れるために部屋の窓をずっと開けていましたが、
ここのところ、冷た~い風が入ってきて季節の変化を実感します。

きょう、久しぶりにネクタイを締めました。
最後に着用したのはいつだったでしょうか・・・
だいぶ久しぶりでしたが、ネクタイの締め方、体が覚えていました。

四季がある日本、私も大好きですが、
季節の変わり目、体調管理には気をつけましょう!

2011.10. 3 加藤聡

初企画


今日OAされた「猪苗代町のいま」

福島県の観光地・猪苗代町で、
今も県外からの観光客が回復していない状況と、
その逆境に立ち向かう取り組みを取材しました。

これは、私にとっての「初企画」
自らテーマを設定し、リサーチ、取材、編集まで一貫して担当しました。

普段はリポーターとして様々なニュースの「取材」に専念している私ですが、
震災直後から被災地を取材してきた中で、
何かできないだろうか、
何を伝えられるだろうか、
日々考える中で、今回はこのテーマに取り組みました。

明日からも色々な現場を飛び回りながら、
自分の視点をもって、放送に結びつけていきたいと思います。

取材させていただいた猪苗代の皆様、ありがとうございました。
放送を見てくださった視聴者の皆様、ありがとうございました。

2011.8.23 加藤聡

明日は久しぶりに・・・

今週も各地を飛び回りました。

月曜:遺体の入った一斗缶が見つかった事件で大阪へ。
火曜:暑い中Uターンラッシュで混雑する談合坂SA(山梨)へ。
水曜:福島県の猪苗代町へ。観光業の今を取材しました。(後日OA予定)
木曜&金曜:ボート転覆事故の取材で、静岡県浜松市へ。

移動→取材・中継→移動→取材・中継→・・・
と、走り続けた一週間。

来週も色んな「現場」を伝えられるように、
週末はしっかり休みます。

明日は久しぶりに家族とご飯が食べられる!!

2011.8.19 加藤聡

制度の不備か、利用者のモラルか。


きょうは、
高速無料化の「便乗」を取材するため、常磐自動車道の水戸ICへ。

ここでは、被災地への物資運搬を支援するため、
中型以上の車の通行料金が無料になっています。

しかし、
被災地支援と関係のないトラックなどが、
この制度の「不備」をついて高速道路の「ただ乗り」をしているのです。

例えば、東京から西日本へ行く場合、
まず水戸ICまで来て、
いったん水戸ICを降りれば、通行料がタダ。
もう一度水戸から乗れば、目的地までタダで行けるのです。


運送業者に話を聞くと、このタダ乗り便乗について、
「この制度が続く限り利用し続ける」
「後ろめたさは、ない」
と悪びれずに答えました。。


制度の趣旨には反しているけれども、
法令には違反していない。

ルールの不備を問うべきか、
利用者のモラルを問うべきか。

2011.8. 5 加藤聡

情けない、、


きょうは、
「米の放射性物質検査」の取材で千葉県・多古町へ。

収穫時期を前に、
稲に含まれる放射性セシウムの量を測るのです。

これはもちろん、私たち消費者の「食の安全」のため。
市場に流通するお米は大丈夫だ、という安心のため。


・・・そんな中、冷や水を浴びせるようなことが起きてしまいました。


きょう、東海テレビの情報番組内で、
岩手県産の「ひとめぼれ」プレゼント当選者の発表に際し、
「怪しいお米」
「汚染されたお米」
「セシウムさん」
などと書かれたリハーサル用のテロップが放送されたとのこと・・・。


同じ報道機関に携わる者として、本当に恥ずかしい。

本当に、情けない。。

2011.8. 4 加藤聡

7年前の教訓

夏休みから復帰し、さっそく現場取材の日々が始まりました。

きょう訪れたのは、週末に大雨に見舞われた新潟県・三条市。


住宅街のすぐ側を流れる五十嵐川。

未だに水位は高く、激しい濁流。

橋脚には押し流されてきた流木などがからまり、
16mの高さがある堤防は、大きくえぐられていました。

文字通りの「豪雨」が襲った三条市でしたが、
幸いなことに人的被害はゼロ。


その背景にあったのは『7年前の教訓』

7年前、同じ地区を襲った豪雨は堤防を決壊させ、9人の命を奪いました。

取材に応じてくださった自治会長の坂井柾之さんは、こう振り返ります。

 あの時までは、誰しもが堤防は『絶対に決壊しない』と信じていた。

 しかし、その決めつけのせいで死者を出してしまった。

 あの時の教訓から一番変わったのは地元住民の水害に対する「気持ち」

 今回、避難指示の私の呼びかけに、皆がしっかり応じてくれました。


7年前の災害を教訓に、
行政と地元が一体になって行ってきた日頃からの災害への備え。

それが、今回の対応に結びついたのです。


私たちは、いま、何からどんな教訓を得られるでしょうか。

2011.8. 1 加藤聡

ひさしぶりの・・・

ひさしぶりの連休をいただきます。

夏休みです。

祝日などおかまいなしに月~金にOAがあるevery.の一員となってからは、
ゴールデンウィークも、ハッピーマンデーも関係なし。

まとまった休日は、年末年始と夏休みのみ。
夏休みも、キャスターやスタッフ間で時期をずらして取るのです。

休日とはいえ
「いまごろみんなどうしてるかな・・・」
「今日はどんなニュースをどう伝えているかな・・・」
などと思ってしまうのは確実ですが、

家族とゆっくり過ごすなど、リフレッシュして帰ってきます!

2011.7.21 加藤聡

台風取材

台風6号の取材で日曜日から奄美大島に行っていましたが、
さきほど東京に帰って来ました。

奄美大島といえば、
去年の秋に大きな豪雨被害があったことが記憶に新しいのではないでしょうか。
当時、私も現地で取材をしました。

あれから半年以上が経ちましたが、
土のうが今も積まれた現場や、
片側1車線を譲りあって通行する道路が至る所に残っていました。

幸い、今回の台風6号は奄美大島には大きな被害は出しませんでしたが、
今も残る大雨被害の爪痕を見て、大雨の恐ろしさを再確認しました。

台風の進路など最新情報にご注意ください。

2011.7.19 加藤聡

いよいよ審議入り

きょう、国会で審議入りとなった
「再生可能エネルギー特別措置法案」

私なりに言い換えれば、
「電気料金は上がるけど、太陽光発電などの再生エネルギーを広げようプロジェクト」


太陽光・水力・風力・地熱・バイオマスといった「再生可能エネルギー」を、
電力会社が全量買い取る、という制度です。

この制度が導入されれば、
そのコストは電気料金に上乗せされるため、
一般家庭も負担することになります。


どんな制度もそうですが、
新しいことを始めるには、
メリットもある一方で、それに必要なコストを誰かが負担しなくてはなりません。


再生エネルギーを普及させよう!
というのは、おそらく多くの人がうなずくでしょう。
あとは、誰がいくら負担することになるのか。

しっかり数字で示してもらって、議論が深まることを期待します。


2011.7.14 加藤聡

赤門の前にそらジロー???

まずはこちらの写真から!!

そらジロー.JPG

日本人として初めて、
世界で13人目の「レゴ認定プロビルダー」となった
東大院生・三井淳平さんに作ってもらいました。

そらジローの人形を見て、
わずか1時間でゼロから作りあげた作品です。

背景には「赤門」
壁や扉、屋根など細かいところまで丁寧に作られた作品は、
三井さんが東大レゴ部の仲間たちと4か月かけて完成させたものだそうです。

幼い頃、私もよく遊んだレゴブロック。
ここまで極めると正にプロフェッショナル・・・


「レゴを使った教育活動にも力を入れていきたいです」
三井さんはさわやかな笑顔で話してくれました。

パズル感覚で、
観察力や発想力など、楽しく学ぶことができそうですね。

私も久しぶりにレゴ遊びをしたくなりました(笑)

2011.7.13 加藤聡

万が一に備えて

きょうは、
神奈川県の三浦半島で『断層』を取材しました。

政府の地震調査委員会が、
「東日本大震災の影響で、地震発生の確率が高まった」
と発表したことを受けてのことです。

ただ、この委員会によると、
「日本では、どこで地震が起きてもおかしくないので、
日ごろから地震への備えを十分にしてほしい」
とのこと。

どの地域にお住まいの方も、
家具の転倒防止や緊急時の避難先、非常時の持ち出し品など、
「万が一」に備えた準備をいま一度、ご確認ください。

2011.7.12 加藤聡

OAされずとも

きょうは、
「小学4年生の女子児童が行方不明で警察が公開捜査」
という一報を受け、栃木県宇都宮市に向かいました。


いつものことですが、
取材の移動中は「事態がどう動くのか」様々なケースを想定します。

夕方のOAに向けた時間との戦いの中で、
どこに行き、何を取材し、どう伝えるのか。

常にすばやい判断が求められるからです。


今回も、私にも小学3年生の姪がいることもあって、
児童の身に何があったのか・・・心を痛めながらの移動でした。


そこに知らせが。
『自宅近くで無事に保護された』と。

よかった。
本当に、よかった。

土曜日から3日間、
彼女がどこでどう過ごしたのか、まだ詳細は明らかにされていませんが、
少なくとも、ケガなどはなく無事に保護されました。


私の取材はOAされませんでしたが、
そんなことよりも、
考えていた「最悪のケース」にならずにほっとしました。


あとは、なぜ3日間も家を離れていたのか。
彼女や家族の間に何らかの原因があるのならば、
解決へ向かうことを願います。

2011.7.11 加藤聡

お手頃フレンチはいかが?

今度の水曜日に発売される「新しい」ミシュラン・ガイドブック。

タイトルは、『Bonnes Petites Tables 東京』

直訳すると、美味しい・小さな・レストラン。
今までのガイドブックよりも、リーズナブルな価格帯の店を多数紹介しています。

私が取材に行ったお店も、
夜のコース料理を3800円で食べられるなど、お手頃価格!

「高級」というイメージのあるフランス料理ですが、
これなら気軽に行くことができそうです。


このガイドブック、元々は4月に発売予定だったのですが、
震災の影響を鑑みて約3か月の延期になったとのこと。

その経緯に共感する一方で、、、

未だに日常を取り戻せていない被災地や、
こんな時にも機能不全の政治。

そんな状況が、常に頭から離れません。

明るいニュースを、
本当に心から喜んで取材できる日は、
いつ訪れるでしょうか。。

2011.7. 8 加藤聡

言葉ってムズカシイ・・・

きょうは「わかめ高騰」の取材。

震災で三陸わかめの養殖業がダメージを受け、
ほとんど流通せずに値上がりしている、というもの。

被災地の漁港で水揚げ再開、といった嬉しいニュースも聞かれるようになりましたが、
わかめ養殖の大規模復旧はまだまだ先になりそうです・・・一日も早い復旧・復興を願います。


ところで、
みなさん「わかめ」って、どこにアクセントを置いて読みますか??

「わ」を強く発音するでしょうか?
「か」を強く発音するでしょうか?

NHKの出している『アクセント辞典』を開いてみると・・・

どちらのアクセントも載っていました。

出版元に電話して確認したところ、
伝統的には「か」を強く読んでいたが、
国民的アニメのキャラクター「わかめちゃん」の浸透もあってか(笑)
今では「わ」を強く読むのが一般に広まった、とのこと。

しゃべり手としては、
昔ながらの日本語を大切にしたい気持ちがある一方で、
視聴者のみなさんにとって聞きやすい言葉を使いたい気持ちもあります。

「わかめ」どちらの読み方をしよう・・・。

うーん、言葉ってムズカシイ・・・。

2011.7. 7 加藤聡

身近な危険

きょうは、自転車の危険運転の取材でした。

都内でウォッチングしてみると・・・

信号無視や携帯電話を操作しながら、といったものも見られましたが、
一番多かったのは、やはりイヤホンで音楽を聴きながらの運転。

警察の指導を受けていましたが、
禁止されていることを知っている人もいれば、知らなかった、という人も。

免許が必要なく、小さな頃から多くの人が乗る自転車。
気軽な一方で、交通事故で死に至るケースも増えています。

その危険性について、
もう一度、認識してほしいと思います。

2011.7. 6 加藤聡

復興担当大臣の辞任・・・

「震災以来、民主党も自民党も公明党も嫌いです」

大臣就任直後の会見でこの言葉を聞いた時は、
この人に期待していいのかもしれない・・・と思っていました。

松本龍大臣です。

震災の復旧・復興に向けた動きがなかなか本格化しない中、
政治の停滞にうんざりする有権者の気持ちを代弁してくれた、と思ったからです。

しかし、ふたをあければ・・・

理解に苦しむ言動が続き、わずか9日で辞任となりました。

きょうの会見で松本氏はこう述べています。
「私は、被災者に人一倍寄り添っているつもりでありました」


大臣を辞任しても、これからも有権者の代表として国を動かす政治家です。

どうぞ、この言葉の通りしっかり行動してほしいものです。

2011.7. 5 加藤聡

市橋被告・初公判

市橋初公判.JPG

千葉地裁で行われた市橋達也被告の初公判。

ご両親をはじめ、リンゼイさんのご家族が見つめる中、
市橋被告は小さな声、そして涙まじりの声で謝罪の言葉を繰り返しました。

そして、こうも話しました。

「事件の日に何があったのか、知っているのは私とリンゼイさんだけ。
何があったのか話すことが、私の義務。
これからの裁判で、くわしく話します」

事件から4年3か月以上がたち、ようやく始まった裁判。

あの日に何があったのか。
そして、
あれからの逃亡の日々は何だったのか。

開かれた法廷の場で、明らかにされることを切に願います。

2011.7. 4 加藤聡

2年生になりました!

去年の7月にevery.に来てからちょうど1年。
本日をもって、リポーター2年生になりました!

振り返ればあっという間だったこの1年。
都心のサルを追跡したり、奄美大島の豪雨を取材したり、北朝鮮の砲撃を受けて韓国で取材したり、
そして3.11大震災があり・・・

たくさんの現場で、様々な現象と向き合ってきた1年でした。
2年目は、この1年間の経験をふまえながら、伝え手としてさらに精進していきます!
1年目はなかなか登場しなかったこのブログの場でも、もっと発信していきたいと思います。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

2011.7. 1 加藤聡

福男

キャスターブログに初登場、リポーターの加藤聡です。
これまでは放送の中だけでしたが、
これからはこの場にも登場していこうと思います。
どうぞ、よろしくお願いします!

初めて書く記事のテーマは・・・福男!
10日にOAされましたが、
兵庫県・西宮神社の恒例神事に、every.を代表して挑戦してきました!


「福男選び」とは、
開門と同時に約230mの境内を走り抜け、
最初に本殿にたどり着いた者に「一番福」の称号が与えられる、という歴史ある神事。
私も実際に参加して、体験取材してきました。

20110111-1.jpg

事前のくじ引きではずれ、先頭からだいぶ遅れた位置でスタート。
本殿目指して走りましたが、周りには人、人、人。
なかなか思うように走れません。

結局私が本殿に到着したのは、推定300番くらい。
すでに今年の「福男」は決まっていました・・・。

一番福を手にすることはできませんでしたが、
鎌倉時代から続いているという伝統行事に参加し、
その歴史を感じながら境内を走り抜いて、とても清々しい気持ちになりました。

その時、空から・・・

20110111-2.jpg

厳かな雰囲気に包まれた西宮神社に、夜明け前のまだ暗い空から舞い落ちる粉雪。
神秘的な空間に、取材の疲れを忘れるひとときでした。

今年も1年、がんばります!!

2011.1.11 加藤聡