CALENDAR

最新の放送内容

2014年12月15日(月) 最新式 移動支援ロボット

自動車メーカー「Honda」が開発した、次世代型移動支援車両「UNI-CUB」は
座ったまま体重移動するだけで自由自在に動くモビリティー。
同社が開発したヒト型ロボット「ASIMO」の技術を応用しています。
一方、ロボット特区に指定されている、茨城・つくば市では
2020東京オリンピック・パラリンピックまでの実用化を目指す
あの「セグウェイ」を進化させた移動支援車両「Genny 2.0」の安全実験が進行中。
現在、日本には1台だけしかない新型車両は
車イスに「セグウェイ」の技術を取り入れたもので、操作は体重移動で行います。
上り坂や段差、さらには砂浜など様々や路面を走ることができる
性能があり、実用化されれば車イス利用者にはメリットがある乗り物。
しかし、そこには法律面の課題も…。
次世代モビリティー開発の現場を取材しました。

本田技研工業株式会社
住所:東京都港区南青山2-1-1
TEL:03-3423-1111(代表)

日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2-3-6
TEL:03-3570-9151(代表)

★ツアー体験の問い合わせ
パーソナルモビリティ「UNI-CUBステーション」
TEL:070-1324-3490(開館日の10:00~12:00/13:20~17:00)

セグウェイジャパン株式会社
住所:神奈川県横浜市中区海岸通4-24 万国橋SOKO 303
TEL:045-263-6151

(c)Nippon Television Network Corporation