every.16時 特集

2017年9月28日(木) 笑顔の「遺影」を撮り続ける写真家

高知県の山あいにある町で写真店を営む男性が住民の「遺影」を撮り続けている。
9年間で550人余りになるが、その表情はみな“笑顔”。
お年寄りに寄り添いながら、人生の最後を飾る写真を作り続ける男性の「思い」とは。
笑顔の「遺影」を撮り続ける写真家

※この動画の公開は終了しました

(c)Nippon Television Network Corporation