story

#06 2015/11/11

ヒロ(天海祐希)超治(沢村一樹)への思いを伝えようとしたその時、超治は保(工藤阿須加)に告白すると言って出て行ってしまった。
ヒロは、そのまま一晩帰ってこなかった超治のことが気がかりで仕方がない。
翌日、ヒロは超治から、保と過ごした一夜について聞かされる。
スッキリした様子の超治を見て、複雑な心境になるヒロ。

再び、ヒロは超治に自分の思いを伝えようとするものの、またしてもタイミングを失う。
もう振り回されたくないと思い、超治と距離を置こうとするヒロだったが、超治から「助けてほしい」と言われる。
しおり(内田有紀)の前夫の母親が幼稚園にユウ(井上琳水)を迎えに来て連れて行ったきり、返そうとしないのだという。

しおりの前夫・皆川(神尾佑)はエリート弁護士だが、しおりを暴力で苦しめ、離婚後もストーカー行為をするような男だった。
ヒロは超治としおりを連れて、皆川と話し合いに行く。
しかし、ヒロたちがユウを返してほしいと頼んでも、聞き入れてもらえない。
皆川はしおりに「もう一度やり直したい」と言い出す。しおりが拒絶すると、皆川は態度を豹変させて逆上。
ヒロは法律の知識を駆使して弁護士の皆川と対等に渡り合うものの、ユウを取り返すまでには至らない。
ユウを奪われてどうしていいか分からずに悩むしおりを超治が「ヒロが取り返す方法を考えてくれる」と慰め、またしても頼りにされるヒロ。ヒロはユウを奪還するために、保の力を借りてある作戦を考える…。

backnumber