金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「家族、貸します ~ファミリー・コンプレックス~」

2012年7月27日 金曜 よる9時 放送 金曜ロードSHOW!にて放送

ストーリー

 今や離婚は年間25万組、2分に1組が離婚する時代。増え続けるシングルマザー、シングル ファーザーのために一時的に家族をレンタルする会社、それが『ファミリー・ロマンス』だ。社長は時代の寵児と呼ばれている山室修司(玉木宏)。

この『ファミリー・ロマンス』に面接を受けにきた小橋紅子(田中麗奈)は早速、仮採用として仕事を任せられる。内容は結婚式で新婦の家族や親族、同僚、友人になりすまし披露宴に出席することだった。会社説明に書いてある社会貢献とは全く違うことに 異論を唱える紅子に「なら、やめるしかないわね」とクールにこたえるのが総務統括の澤香織(吹石一恵)。 修司の右腕として会社を取り仕切る存在である。修司は「家族を再生させる人助けの会社だ」というが、紅子はどうしても納得がいかない。

そんな折り、ひとつの仕事が舞い込んでくる。余命半年を告げられた戸崎龍之介(竹中直人)が自分の“エンディングノート”を作りたいという。映画『エンディングノート』ではがんを宣告された父親を実の娘がビデオで回して撮っている。同じものを作るため、妻と娘を貸してほしいというのだ。龍之介には妻も娘もいるが、彼女たちは仕事と女遊びにしか興味がなかった龍之介を軽蔑していた。そこで修司は妻役にベテラン社員の尾野恵(山口いづみ)、そして娘役には紅子を抜擢。もちろん、紅子は自分にできるかどうか不安でたまらない。実際、龍之介の家にいっても娘になりきれず、アドリブもできず龍之介をしらけさせることばかり。しかし、龍之介の家へ行くたび感情移入していく紅子は娘として自然にふるまえるようになっていく。修司も紅子の仕事を評価する中、龍之介の余命が一か月もたないだろうと医者から宣告される。いたたまれなくなり、「もう、本当の家族がやるべきだと思います」と修司に訴える紅子だが「お前まで戸崎さんを見捨てるのか?」と問われ、紅子は・・・。

新着ブログ

ブログ一覧