あらすじ
 名優として知られる68歳の高島忠夫(松方弘樹)が突然仕事のキャンセルを宣言したのは、1998年7月のことであった。原因は、出演したテレビ番組内で満足に受け答えが出来なかったため。妻で女優の寿美花代(高橋惠子)は、忠夫が2週間ほど前、原因不明の悪寒を訴えていたことから、すぐに大学病院の心療内科に連れて行った。
 診察の結果は、かなり症状が進んだうつ病。薬物療法でしばらく様子を見ると言う医師の話を聞いた寿美は、その時、余り危機感はなかった。だが、事情を聞いた妹の泣き声を電話口で聞いた寿美は、ようやく事の重大さに気付いた。
 忠夫の症状は、好きな音楽にも耳を貸さず、まばたき一つしないでボーっとしているうつ症状と、ハイテンションで眠れず酒をがぶ飲みするそう状態の繰り返しだった。家中の至る所に酒を隠し、それらを浴びるように飲む忠夫。そんな忠夫の面倒を見るうち、寿美は、いつしか疲労とストレスから身体を壊して入院するはめになった。だが、そんな状況ですら、まだ地獄の入口に過ぎなかった。
 寿美が退院して程なく、大阪での舞台を終え2ヶ月ぶりに帰宅した長男・政宏(別所哲也)は、忠夫の様子を見て愕然となった。寿美は、政宏と独立してマンション住まいの次男・政伸(袴田吉彦)に心配を掛けまいと、忠夫の病気のことを黙っていたのだ。戸惑う政宏は、懸命に忠夫の世話をする寿美の相談に乗ってあげられず、声を掛けることすら出来なかった。