ゴシップガール

ゴシップガール

放送日時2010年9月23日 25:41~26:36

キャスト

ブレイク・ライブリー
レイトン・ミースター
ペン・バッジリー
チェイス・クロフォード
テイラー・モムセン
エド・ウェストウィック

スタッフ

製作総指揮

  • ジョシュ・シュワルツ
  • ステファニー・サヴェージ

衣装

  • エリック・デイマン

原作

  • セシリー・フォン・ジーゲザー
  • 「ゴシップガール」
  • (第1~11巻 ヴィレッジブックス刊)

イントロダクション

リッチな上流地区、セレブなパーティー、最新のファッション――。

セシリー・フォン・ジーゲザーの同名ベストセラー小説をベースに「The OC」のジョシュ・シュワルツが製作総指揮を務め、ニューヨークの高級地区アッパー・イースト・サイドに暮らす名門私立高校生の“セレブ”な日常と目まぐるしい人間関係を描いた「ゴシップガール」は、2007年9月に全米で放送が始まるとすぐ、流行に敏感な女性や主人公たちと同年代の若者を中心に話題沸騰となった! 

低視聴率番組はすぐさま打ち切られるというシビアなアメリカのTVドラマ界において、早々とシリーズ化を決めたばかりか、 ティーンエイジャーが選ぶ“ティーン・チョイス・アワード”で作品賞を含む計6部門を受賞。 “米iTunesで最もダウンロードされたTVドラマ”の年間第1位に輝くなど、圧倒的な人気を博している。

その魅力は、高級ホテルでのランチや刺激的なパーティー、リムジンでの移動は日常茶飯事…といった並外れてリッチなヤングセレブ事情を描きながら、それぞれの恋愛模様や家族の物語に目を向けているところ。

転校先から突如ニューヨークに舞い戻ってきたハイスクールの人気者セリーナを中心に、彼女の元親友でありながら今やライバル関係にあるブレア、セリーナとブレアの間で揺れ動く美男子ネイトなど、ゴージャスな登場人物たちが恋愛、友情、セックス、ドラッグから家族、人生まで、様々なドラマを織りなす姿に熱い視線が注がれている。

ドラマ内で旬のトレンドファッションを次々と着こなすセリーナ役ブレイク・ライブリーとブレア役レイトン・ミースターが本作をきっかけに大ブレイクし、新おしゃれセレブとして全米各誌の表紙を飾るスター女優となった本国アメリカの現象を受け、女性ファッション誌からの注目度が急上昇している。

ヤングセレブの青春を描いたことから“ニューヨーク版「The OC」”とも、ファッショナブルでスタイリッシュな内容から“ティーン版「SEX AND THE CITY」”とも評される「ゴシップガール」。

今一番ホットなTVドラマがついに地上波初登場!

ストーリー

#18 恋のから騒ぎ/MUCH 'I DO' ABOUT NOTHING

(2010/9/23.25:41~26:36)

セリーナの人生と名誉が危うくなった今、ブレアはセリーナの親友として、邪悪で狡猾なジョージーナ・スパークスと決着をつけることを決意。その年のアッパー・イースト・サイド最大の社交イベントとなるべき結婚式の支度をするリリーだが、未だにルーファスへの未練を断ち切れないでいた。セリーナはついにダンに心を開き、自分の過去についてすべてを打ち明ける。しかし二人の関係を修復するには、少し遅すぎたかもしれない。
そしてチャックは、リリーのインテリア・デザイナーであるアメリアを見て、心惹かれるのだった…。

脚本:ジョシュ・シュワルツ、ステファニー・サヴェージ
監督:ノーマン・バックリー

>> バックナンバー

キャスト

ブレイク・ライブリー
セリーナ 声/甲斐田裕子
レイトン・ミースター
ブレア 声/弓場沙織
ペン・バッジリー
ダン 声/浪川大輔
チェイス・クロフォード
ネイト  声/中川慶一
テイラー・モムセン
ジェニー 声/清水美智子
エド・ウェストウィック
チャック 声/阪口周平
ゴシップガール
声/クリスティン・ベル/たかはし智秋

相関図

▲ページトップへ

(c) Nippon Television Network Corporation