柊奈智役の藤原紀香です。

視聴者のみなさん、こんにちは。藤原紀香です。
今回、私の演じた柊奈智は、生まれた時に母親を亡くし、愛情や人とのコミュニケーションを知る事なく、全能感の固まりのように成長し、大人になったとても不器用な人間です。
母の死は自分の責任、ギネドクターになることは贖罪と思っていて、ただ、誰よりも命の大切さを知ってしまっているからこそ、命に対する執着は尋常じゃなく、その過ぎた行動や言動に、強い賛否両論をいただきました。
私はその事はとても良い事だと受け止めています。

何故なら、今まで知る事のなかった産科の現状や命の問題をみなさんに知っていただき、「命」に対して みな、自分の意見を交わしあうとても貴重で大切な機会になったからです。
それは、最初のこのドラマの目的でもありました。
本当に危機的状況にある産婦人科の現状について他人事ではなく、私たちや未来の子供達の『命』の問題として捉え、考える事が出来た事は素晴らしい事で、このキャラクターがドラマ内で少しずつだけど人間らしく成長していく様を通して 伝わっていくのだろうと。

私自身も、このお話をいただいたとき、大石静さんや製作陣の描き出してくれた'奈智'というキャラクターの特異さに驚きました。
何かミラクルを起こしたり、完璧なスーパーウーマンではない、ドラマのヒロインらしくないヒロイン奈智。
命に対する考え方も医療や病院、患者と医者の関係に対する考え方もそれぞれで、どれが正解という事はありません。
その中で、びっくりするような台詞の数々を言ってしまう奈智という人の精神状態など、生い立ちからすべて理解し役に入っていくうちに、なんて奈智という人は、人間っぽいんだろう。大人のようで子どものままのところがあって、人として未完成で、たくさんの欠陥がある。周りから教えられていく、この新しいヒロイン像をこの脚本を信じ、何の迷いもなく生きていこうと決意しました。

それから、柊奈智として生きた87日間の撮影を通して、女性として、女優として、私自身も教えられ、かけがえのないいい経験をさせていただきました。このドラマに出会え、'奈智'を演じられたことに感謝し、このキャスト、スタッフと出会えたことを誇りに思っています。

視聴者のみなさん、そしてリアルを追求し、仕事の合間に駆け付けていただいた医事指導の現役産科医・'チームノーフォールト'の皆様、一緒に過ごしたキャスト&スタッフの皆様に感謝しています。みなさんあっての、奈智でした。ありがとうございました。

いよいよ今夜最終回放送となりますが、聖修大学の産婦人科の行方、ギネ達の行方、奈智の行方...そして...須佐見と一代、お腹の子の行方。。。
これからの'新しい産婦人科'がどうあるべきか、最後の最後まで、教えられる奈智を通して、みなさんにメッセージを送りたいと思っています。
ありがとうございました! 私の中で奈智は永遠に生きています。また会う日まで。

2009.12.09 00:00

君島紀子役の松下由樹です。

いよいよ明日が最終回です!!
ドラマの中の君島先生が、あまりにも忙しかったからなのでしょうか、とても早く撮影が終わってしまったように感じています。
振り返ってみると、撮影前は「ギネ」って言葉も知りませんでした。
チームノーフォールトの先生方の指導のもと、今の医療を捉え、手術手技を覚え、産婦人科の現状を知りながら、個人的にも日々考えさせられることばかりの中で、君島先生を演じていました。
「ギネ」の意味を伝え始めたのは、わずか3ヶ月前。
でも今では、産婦人科の状況を身近な人や友達からも自然と話しが出てくるようになって、会話がしやすくなった。それだけでも3ヶ月前と大きく違うな~と、改めて感じています。

ドラマでは、柊先生に振り回されながらも、目の前の患者さんに全力を尽くす「チームギネ」は成長し続けているので、明日で終わってしまうのは少し寂しいです。
多くのことを教えてくれた「ギネ」に感謝しています。
また、会えたら良いですね!

さて、最終回は、最後の展開まで目が離せませんよ!!

産科医長だった君島先生が教授!?柊先生は・・??病院や先生達はどうなるのか。
ぜひ観てくださいね!!

バトンリレー ラストは、この3ヶ月間を一生懸命誠実に駆け抜けてきた姿がステキだった
藤原紀香さんです!

2009.12.08 10:58

須佐見役の國村隼 です。

視聴者の皆様、國村隼です。須佐見誠二郎という役で、教授をしていました。
初回から御覧になっている方はお分かりかと思いますが、ギネの皆さんが病院中を走りまわっておられる時に、一代さんと「今夜、何食べよう」なんてお話しておりまして、誠に申し訳なく思っておりました(笑)
閑話休題シーンということでお許しください...。
ところが後半、怒涛の様に色んな事が押し寄せてきまして、そうそう、のほほんともしていられなくなっております。須佐見と一代の決断はいかに。
人生の重大な選択を次々としていくわけですが、観ているかたそれぞれ、登場人物の判断をどうお考えになりましたか?
わたくし國村自身も悩みつつ、自問自答しながら須佐見と向かい合っています。どうぞ最後まで見届けていただけますように。

次は、いよいよ、君島紀子役の 松下由樹さんにバトンを繋ぎます。

2009.12.07 00:00

佐藤美保子役をやらせて頂きました、西尾まりです。

皆様こんにちは。
病室の主こと、佐藤美保子役をやらせて頂きました、西尾まりです。
この作品の現場の様子をちらっと書かせて頂きます。スタッフ、キャストのエネルギーが塊のように押し寄せて毎回現場は密度が高いのであります。
皆様、不眠、不休(これは言い過ぎ[?])で撮影に取り組んでおります。
そんな中、わたくし、佐藤さんは、タリラリラ~と、友達のウテメリンちゃん(点滴)と共に現れ、毒舌やら噂話をはきまくり、好き勝手に動き回り、また、タリラリラ~と消えていくのであります。
皆様の回りにも何人かはいる佐藤さん。どうか、ギネ共々暖かく見守ってあげてください。
すわぁーてぇ、いよいよ最終回でっす。どうなることやらご期待くださいましっし。
佐藤さんでした。

次は、須佐見先生にバトンをお渡しします。

2009.12.06 00:00

はじめまして、スケジュール担当の村田です。

9月6日にクランクインしたこのドラマも明日(12/4)オールアップを迎えます!
約3カ月間に渡ったこのドラマの収録も明日で終わりかと思うと、寂しい限りですが、あと一日、皆様によりよい作品をご提供できるようキャスト・スタッフ一丸となって走りきります!
最終回もどうぞお楽しみに!!

そして『ギネ』ファンの皆様に耳より情報があります!!
なんとこのドラマで、何らかのスピンオフ企画があります!
(今日はその収録をしてました。)
どういう形で発表されるかは・・・乞うご期待です!!!

2009.12.05 00:00