第81回東京箱根間往復大学駅伝競走 開催要項
1.主催 関東学生陸上競技連盟
2.共催 読売新聞社
3.後援 報知新聞社、日本テレビ放送網株式会社
4.特別協賛 サッポロビール株式会社
5.協賛 ミズノ株式会社、敷島製パン株式会社、本田技研工業株式会社
6.運営協力 (社)東京陸上競技協会、神奈川陸上競技協会、名橋日本橋保存会、箱根町、
トヨタ自動車株式会社、(株)陸上競技社
7.期日 平成17年1月2日(日)〜1月3日(月)
<第1日目(1月2日)>
 大手町読売新聞東京本社前 午前8時出発
 箱根町芦ノ湖駐車場入口 午後1時30分頃到着
<第2日目(1月3日)>
 箱根町芦ノ湖駐車場入口 午前8時出発
 大手町読売新聞東京本社前 午後1時30分頃到着
8.競走路 【往路(108.0q)】
大手町読売新聞社前→日比谷→西新橋→三田→品川→六郷橋→鶴見→横浜駅→保土ヶ谷→戸塚→藤沢→平塚→大磯→二宮→小田原→元箱根→箱根町芦ノ湖駐車場入口

【復路(109.9q)】
箱根町芦ノ湖駐車場入口→元箱根→小田原→二宮→大磯→平塚→藤沢→戸塚→保土ヶ谷→横浜駅→鶴見→六郷橋→品川→三田→西新橋→日本橋→大手町読売新聞社前

往路・復路合計距離 217.9q

※交通規制のお知らせ・・・警視庁神奈川県警
9.区間 第1区(21.4q) 大手町読売新聞社前〜鶴見
第2区(23.2q) 鶴見〜戸塚
第3区(21.5q) 戸塚〜平塚
第4区(21.0q) 平塚〜小田原
第5区(20.9q) 小田原〜箱根町芦ノ湖駐車場入口
第6区(20.8q) 箱根町芦ノ湖駐車場入口〜小田原
第7区(21.3q) 小田原〜平塚
第8区(21.5q) 平塚〜戸塚
第9区(23.2q) 戸塚〜鶴見
第10区(23.1q) 鶴見〜日本橋〜大手町読売新聞社前
10.参加チーム <20チーム>
駒澤大学 東海大学 亜細亜大学 法政大学 順天堂大学 東洋大学 中央大学 神奈川大学 日本体育大学 日本大学 早稲田大学 大東文化大学 明治大学 専修大学 山梨学院大学 中央学院大学 拓殖大学 城西大学 帝京大学 関東学連選抜チーム 以上20チーム
11.参加資格 1.参加校所属の本連盟登録競技者で、本大会出場申込回数が4回を越えない者。(予選会のみ出場の場合も回数に含まれる。)なお、出場とはエントリーした時点で出場とする。
2.当駅伝競走に関する内規第2章「参加資格および申込み」、第4条〜第7条の条件をすべて満たす本連盟加盟校登録競技者であること。
12.申込期日及びエントリー <チームエントリー>
平成16年12月10日(金)16名以内
場所 恵比寿ガーデンプレイスタワー4F「SPACE6」A−1 10時30分
※出場チームは必ず当日10時30分までにメンバー表を関東学生陸上競技連盟事務所にFAXすること。

<区間エントリー>
平成16年12月29日(水)正競技者10名 補欠競技者4名以内
場所 関東学生陸上競技連盟事務所 11時30分
※出場チームは必ず当日11時30分までにメンバー表を関東学生陸上競技連盟事務所にFAXすること。
13.メンバー変更 1.往路、復路とも、当日朝レース開始1時間前に受け付ける。
2.変更は正競技者と補欠競技者との交替のみとし、区間変更は認めない。
14.表彰 1.総合優勝校には賞状、優勝カップ、金メダル、優勝旗等を授与する。
2.準優勝校、3位には賞状、カップ、メダルを授与する。
3.総合4位から10位までには賞状とトロフィーを授与する。
4.往路優勝校、復路優勝校には賞状、トロフィー、副賞を授与する。
5.区間1位には賞状とトロフィーを授与する。
6.優勝校の監督には記念品を授与する。
7.最優秀選手には金栗杯を授与する。
8.表彰式は大会終了後、閉会式場で行う。ただし、往路優勝の表彰については、1日目終了後に芦ノ湖フィニッシュ付近で行う。
15.閉会式 平成17年1月3日(月)16時00分から東京ドームホテルB1大宴会場「天空」において行う。
16.監督会議 1.平成17年1月2日(日)15時30分から箱根ホテルB1において行う。
2.平成17年1月3日(月)15時30分から東京ドームホテル内において行う。
17.競技方法 当駅伝競走競技実施要項、並びに当駅伝競走に関する内規第5章「競技細則」第15条〜第21条に基づいて行う。選抜チームはオープン参加とする。ただし、各区間の成績は認める。
18.その他 1.自動車、自動二輪車、自転車等の車輌による応援は一切禁止する。スタート地点、フィニッシュ地点、中継所の前後100m以内での校旗、部旗、その他、大学を標示する横幕、旗等の掲出は一切禁止する。
2.本競技中の不慮の事故等については、主催者側で応急処置は行うが、その後の処置は各自(各校)で行うこと。なお事故の結果等について本連盟は責任を負わない。ただし、競技者、審判、役員については大会当日の災害保険に加入し、万が一の事故の場合に対応する。
3.その他の事項については、当駅伝競走競技実施要項、並びに当駅伝競走に関する内規に基づいて行う。
19.ドーピング検査 ドーピング検査を指名された競技者は、役員の指示に従ってドーピングコントロールルームにおいてテストを受けること。
20.連絡先 関東学生陸上競技連盟 事務所
〒151−0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1−10−7 JMビル3F
21.付記 大会当日の本部を以下に設置する。
東京総本部…読売新聞東京本社9F本部記録センター
箱根本部…箱根ホテル内

 関東学生陸上競技連盟は、全国骨髄バンク推進連絡協議会をサポートしております。