復路はこちら

往路 第1区:大手町~鶴見 21.4km

〔区間記録:佐藤悠基(東海大) 83回/2007年 1時間01分06秒〕

"流れを決める1区"

流れをつかむ上で重要な区間。1区での出遅れは致命的となるため、序盤から慎重な駆け引きが展開される。例年だと序盤から慎重な駆け引きが展開され、少しずつ縦長になっていくサバイバルレースから、17キロ過ぎの六郷橋に差し掛かるところでスパート合戦が始まる。集団を抜け出す、ラストのスプリント勝負は壮絶を極める。前回は東洋大学の田口雅也が逃げ切り、区間賞を獲得した。

往路 第2区:鶴見~戸塚 23.2km

〔区間記録:M.J.モグス(山学大) 85回/2009年 1時間06分04秒〕

"花の2区"

各校のエースが集い花の2区と謳われる区間。距離が長い上、13キロからの権太坂、ラスト3キロの連続する上り坂、後半に2箇所の山場が控える。まさに精神力、体力、勝負勘、全てが求められる区間といえる。また駅伝の醍醐味である「ごぼう抜き」も期待される。20チーム参加大会では17人抜き(村澤明伸/東海)が最多、23チーム参加大会だと20人抜き(ダニエル/日大)が最多となっている。90回大会は23チームが参加、新たなごぼう抜き記録は生まれるか!?

往路 第3区:戸塚~平塚 21.5km

〔区間記録:O.コスマス(山学大) 88回/2012年 1時間01分38秒〕

"街から海へ3区"

往路で最も気温差がある区間。前半10キロは遊行寺坂など海へ向かっての下りが続く。浜須賀を曲がると海岸沿いの国道134号へ。左手に相模湾、正面に富士山を望む絶景が選手を迎える。ただし疲れの出る後半、特に17キロ過ぎの湘南大橋などで海風の影響を受けやすい。かつては"つなぎの区間"と呼ばれていた時代もあったが、近年は戦略的にエース級を投入することが増えてきた。前回大会は東洋大学の設楽悠太がこの区間でトップに立ち、駒澤大学・中村匠吾、早稲田大学・大迫傑の猛追を振り切り、東洋大学がトップでタスキをつないだ。

往路 第4区:平塚~小田原 18.5km

〔区間記録:西村知修(帝京大) 87回/2011年 54分34秒〕

"最短区間4区"

「トラック中長距離選手の登用と育成」を目指し、82回大会から距離が短縮された。15キロ付近の酒匂橋が勝負どころ。細かなアップダウンのみで比較的平坦。走りやすいコースでスピードレースが予想される。逆に走りやすいだけに、怪我の不安を抱えた選手が出場してブレーキを起こすリスクもあるので注意。

往路 第5区:小田原~箱根・芦ノ湖 23.4km

〔区間記録:柏原竜二(東洋大) 88回/2012年 1時間16分39秒〕

"山上りの5区"

82回大会から2.5キロ延長され最長区間となった山上りの5区。標高差864mを一気に駆け上がる難コース。風光明媚な景色とは裏腹に、突風や雪、凍結した路面…厳しい自然条件が選手たちを苦しめる、まさに箱根駅伝の看板区間。85回大会から88回大会までは、東洋大学の柏原竜二が驚異の走りで4年連続の区間賞、大東文化大学の大久保初男以来の記録達成で、東洋大学に4年連続の往路優勝をもたらした。前回大会は強風吹き荒れる中、日本体育大学の服部翔大が4人抜き区間賞の走りで往路優勝。そのまま復路も日本体育大学が逃げ切った。その一方で城西大学と中央大学が途中棄権。厳しい自然条件が選手たちに襲いかかった。今大会はどんな逆転劇、そしてドラマが待っているのか。

▲ページ先頭へ