ダイジェスト記事

復路

第10区:鶴見~大手町

総合3連覇に向け、青山学院のアンカー安藤がスタート。

20分後、全チームのアンカーがスタート。
山梨学院、明治大、日本大、学連選抜の襷が途切れた。
国士舘大は平塚、戸塚と続いて、繰り上げスタートとなった。

なお、9区の区間賞はチームを2位に押し上げた東洋大・野村が受賞している。

5kmを過ぎ、5位で襷を受けた順天堂大・作田が神奈川大・中神をとらえ、4位に浮上。

5.9km地点となる蒲田で、先頭の青山学院・安藤と東洋大・小早川のタイム差は、7分6秒。
キャプテン安藤の快走でその差を広げている。
3位を走る早稲田大・清水と小早川との差は47秒。
清水がやや追い上げている。

5.9km地点となる蒲田で、9位で並走する東海大・林、日本体育大・小野木と11位の帝京大・加藤のタイム差は1分18秒。
6位で並走する法政大・東福、中央学院・村上から11位の加藤まで6人が、タイム差約2分以内にひしめき合っている。
シード権争いからも目が離せない。

12km地点を前に、9位で並走していた東海大・林と日本体育大・小野木が駒澤大・堀合に追いつき、8位集団を形成。

13.3km地点となる新八ツ山橋で、先頭の青山学院・安藤と東洋大・小早川のタイム差は、7分18秒。
大手町のフィニッシュ地点では、青山学院のメンバーが集まり、アンカー安藤の到着を待っている。

13.3km地点となる新八ツ山橋で、シード圏内となる8位集団の東海大・林、日本体育大・小野木、駒澤大・堀合と帝京大・加藤のタイム差は2分27秒。
その差は広がっている。

15kmを過ぎ、8位集団に動きが。
堀合が林と小野木に遅れをとり始め、10位に転落した。

青山学院のアンカー・安藤が中央通りに入った。
総合3連覇、そして大学駅伝3冠まであと2km。
そのままガッツポーズを見せながら、フィニッシュテープを切った。
3連覇は史上6校目、大学駅伝3冠は史上4校目となる。

青山学院から7分21秒遅れて、東洋大がゴール。2年連続2位となった。
以下、早稲田大、順天堂大、神奈川大、中央学院、日本体育大、法政大、駒澤大、東海大と続き、ここまでがシード圏内。
一時10位となった駒澤大・堀合が最後に意地を見せ9位に。

【総合順位】
1位   青山学院
2位   東洋大
3位   早稲田大
4位   順天堂大
5位   神奈川大
6位   中央学院
7位   日本体育大
8位   法政大
9位   駒澤大
10位  東海大
11位  帝京大
12位  創価大
13位  大東文化大
14位  拓殖大
15位  上武大
16位  國學院大
17位  明治大
17位  山梨学院
19位  日本大
20位  国士舘大

学生連合はオープン参加

順位推移はこちら

ページの先頭へ ▲

© Nippon Television Network Corporation