原作

池井戸 潤 「不祥事」

「不祥事」(実業之日本社 講談社文庫)

  • 「銀行狐」(講談社文庫)
  • 「銀行総務特命」(講談社文庫)
  • 「仇敵」(講談社文庫)
  • 「銀行仕置人」(双葉文庫)
  • 「かばん屋の相続」(文春文庫)

プロフィール

池井戸 潤(いけいど じゅん)

作家。1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。 『果つる底なき』(講談社文庫)で第44回江戸川乱歩賞、『鉄の骨』(講談社文庫)で第31回吉川英治文学新人賞、『下町ロケット』(小学館文庫)で第145回直木賞を受賞。 主な作品に、半沢直樹シリーズ『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(文春文庫)、『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社)、『空飛ぶタイヤ』『ルーズヴェルト・ゲーム』(講談社文庫)、『ようこそ、わが家へ』(小学館文庫)などがある。 趣味は、ゴルフ、写真、フライフィッシングなど

コメント

前作「花咲舞が黙ってない」では毎回、花咲舞のきっぷのいい啖呵(たんか)を楽しみに拝見させていただきました。舞の実家を「居酒屋」という設定にするなど、ドラマならではの味付けも成功していたと思います。続編も、どんなエンターテインメント作品になるのか、大いに期待しています。 池井戸 潤