ストーリー

第3話 2016/1/27

photo

カリスマ主婦ブロガー・早紀(紺野まひる)の新刊発売記念サイン会で、彼女の本に殺害予告めいた脅迫文が書かれていた!現場に偶然居合わせた渚(堀北真希)ら捜査七課のメンバーは、捜査を開始。取材で来ていた謙人(DAIGO)からの助言を受けて、早紀を含めて6人のカリスマ主婦ブロガーにも同じ脅迫文が届いていたことが判明する。


photo

それぞれのブロガーの安否確認を進める中、ただ一人“いち葉”と名乗るブロガーのみ、その素性が明かされていなかった。凛(高梨臨)は彼女のブログ写真を解析し、在住エリアを特定。渚と雪乃(檀れい)はすぐさま向かうが、そこには女性の遺体を検死中の薫子(知英)の姿が…。カリスマブロガーには似つかわしくない、古びたアパートで亡くなっていたのは、雅子(安藤玉恵)という地味で質素なOLだった。そして、雅子の遺体を前に“シンクロ”する渚。しかし、つぶやいた言葉はあまりにも穏やかで…。


photo

カリスマブロガーを狙った連続殺人事件になると断定した一課の要請で、渚と雪乃は早紀の警備を担当することに。7歳になる早紀の一人息子・悠(須田瑛斗)が抱えている寂しさに敏感に反応する渚。
一見、華やかなカリスマ主婦ブロガーたちの実像と、彼女たちの歪んだ感情が生みだした悲劇とは…!?