美文字になりたいンデス!

2017.12.07|カルチャー

年末に向け「年賀状」など文字を書く機会が増える今、
ちょっとしたコツで「美しい文字」になるポイントをご紹介!
今回VTRでは年賀状を例にして美文字になるコツを、
スタジオではひらがなの「を」を使って
ひらがなを簡単に「美文字」にする方法を学びました。

<出演者>
 高橋 茂雄(サバンナ) 八木 真澄(サバンナ)
 東尾 理子 伊藤 萌々香(フェアリーズ)

<講師>
 武田 双龍(たけだ そうりゅう)先生(ふたば書道会 師範)
 折笠 香泉(おりかさ こうせん)先生(ふたば書道会 師範)

●漢字を簡単に「美文字」にする法則
→『主画を目立たせる』
主画とは漢字の中でも長く見えやすい主役の線 【横棒や右払いなど】
主画となる線を長くするだけでなく、
他の線を短く書くことで、主画が目立つようになる

●ひらがなを簡単に「美文字」にする法則
→『上半身よりも下半身を小さく書く』
下半身を小さく・短く書くことで、
子どもっぽさが抜け、文字全体がシャープになる

●文章を書くときの美文字術
→『ひらがなは漢字よりも1/2の幅で書く』
ひらがなを漢字の1/2の幅に抑えることによって
文章が全体的にスッキリし読みやすくなる
また漢字は正方形、ひらがなは長方形を意識して書くと
バランスが取りやすくなる。

美文字になりたいンデス!

年末に向け「年賀状」など文字を書く機会が増える今、ちょっとしたコツで
「美しい文字」になるポイントをご紹介!
今回は「小倉優子」の名前を使って漢字を簡単に「美文字」にする法則を学びました。

[スタジオに来てくださった講師]
武田双龍先生(ふたば書道会 師範)

●漢字を「美文字」にする法則
その① 正方形に収める
→漢字は1文字1文字が正方形の中に収まっていると美しく見えやすい

その② 右方向に広がらない
→文字を書くに連れて、右方向に広がって書いてしまいがち

その③ 画数の少ない漢字は大きさを小さくする
→画数の少ない漢字は画数の多い漢字より大きく見えてしまいがち
→そのため、画数の少ない漢字は画数の多い漢字よりも2/3程度の大きさにするがポイント!

大ヨコヤマショッピング~書店編~

買い物のド素人・関ジャニ∞横山がイチから始めるショッピング!
今回は大型書店の楽しみ方を学びます。

<出演者>
 横山裕(関ジャニ∞)
 中間淳太(ジャニーズWEST)
 友近
 滝菜月(日テレアナウンサー)


<ゲスト>
 伍代夏子

★撮影でおじゃました場所★
 三省堂書店 神保町本店(東京都千代田区)


★スタジオで紹介した書籍★

・「せつない動物図鑑」(ダイヤモンド社・刊)
 ブルック・バーカー 著 服部京子 訳

・「ワインドアップでゴー!せんろは つづくよ」(大日本絵画)
 ぶん フィオナ・ワット え アリスター やく きたむら まさお