りょう
そしてバリスターセクションの花形弁護士、工藤怜子役はりょう。灯が憧れている弁護士で、マスコミにも度々出演するエリートだ。「これまで何度も被告人役はやってきたんですけど(笑)、弁護士役はあまりやったことがないので頑張ります」。役作りに関しては「資料を見ても、辞書を調べなければいけない単語が多過ぎて。弁護士になることは本当に難しくて、そこで活躍するのはそれ以上に大変なことだなと実感しました。まだまだ勉強が足りないので、撮影しながら勉強していこうと思っています。工藤は、賢い役なので、前髪をあげてみました(笑)」と会場を笑わせた。
中山恵
主題歌はソロ名義で初めての活動となるトータス松本が作詞・作曲をした『涙をとどけて』。トータスは「情熱があるがゆえに苦労するという創作のテーマと一致していたので、一気に書き上げました」とメッセージを寄せた。上戸も曲を聞いて『ホカベン』のシーンが頭に浮かんだという。