#01

写真
司法研修を終えたばかりの新米弁護士・堂本灯(上戸彩)が、ついに弁護士としての第一歩を踏み出す日がやってきた。
灯が就職したのは、法曹界で最大手といわれるエムザ法律事務所。 エムザのメインの顧客は、個人ではなく企業。
だが、灯が自ら望んだ先は、プロボノと呼ばれるセクション。灯は、弱者を救いたいという自分の夢を実現しようと意欲に燃えていた。
プロボノとは、公共の利益のために社会奉仕をすることで、低報酬で社会的・経済的な弱者を守るというこの活動が、近年、弁護士界で義務化され始めている。エムザでは、所長の森岡哲夫(大杉漣)が、いち早くこのセクションを設置。
弱者を救済したいと弁護士を志した灯は、エムザにプロボノセクションがあると知り、入所を決めたのだ。

※このドラマに登場する登場人物および団体名等の設定はすべてフィクションです