#02

写真
初めての弁護に張り切っていた灯(上戸彩)だが、真希(石井萌々果)が「保護」されるために裁判所によって連れていかれ、絶望した母の享子(富田靖子)が夫・和彦(阪田マサノブ)を刺してしまったことに、完全に自信を失ってしまった。大きな壁に突き当たった灯に、和彦側の弁護士・浜田(石丸謙二郎)は、さらなる攻勢をかける。和彦が全治1ヶ月の重傷だという浜田は、離婚に応じる構えを見せながら、1000万円の損害賠償を求め、示談を持ち掛けたのだ。もはや享子は加害者で、殺人未遂の実刑を免れたいのなら和彦本人の嘆願書が必要なはずだ、という浜田。灯は、余裕の表情の浜田の前で、対処法が見つからなかった。

※このドラマに登場する登場人物および団体名等の設定はすべてフィクションです