#05

写真
大塚の話によると、事故当日、学園側は、生徒の遠泳を計画していたが、海が荒れていたためしばらく様子を見るよう生徒たちに告げたらしい。怜子は、学園側の責任を回避するための事故対策マニュアルを配った。そして、事実関係が明らかになるまで、遺族側と責任に関する交渉は一切しないよう告げ、謝罪の言葉も決して口にしないよう指示。さらに、大塚には“遠泳を禁止した”と言ったことにするよう命じた。その場に同席した灯は、証言をねじ曲げようとするやり方に戸惑う。
 

※このドラマに登場する登場人物および団体名等の設定はすべてフィクションです