#06

写真
報告を受けた怜子(りょう)は、武史の父・布田康彦(山崎一)と母の則子(みやなおこ)が学園を相手に多額の賠償を求める訴訟を準備したことを灯に告げる。灯のつかんだ情報は、他の生徒たちが武史を有利にするような証言に立つ可能性がないということを意味し、エムザが裁判を有利に進める材料になるという。納得のいかない灯だが、裁判になれば灯の仕事はないと、この案件の担当から外されてしまう。しかも度々生徒への調査を続けていることに学園から抗議を受け、エムザ内でも孤立してしまい―――。
 

※このドラマに登場する登場人物および団体名等の設定はすべてフィクションです