#08

写真
「プロボノ廃止」の議論が渦巻くエムザ法律事務所。そんな中、プロボノの行く末を案じた怜子(りょう)から頼まれた灯(上戸彩)が、弁護士にとって最も難しい分野のひとつとされる医療裁判を手掛けることになった。
被害にあったのは、入院中の河合優子(今橋かつよ)という48歳の主婦。1週間前に脳動脈瘤の手術を受けた優子は、その後、植物状態になった。夫の照夫(河西健司)と娘・里奈(佐藤仁美)が、主治医で執刀医の藤木勇二(三上市朗)が手術中に手術室を抜け出したとの看護師の噂を耳にし、医療ミスを疑ってエムザに相談を持ち込んだのだった。

※このドラマに登場する登場人物および団体名等の設定はすべてフィクションです