ストーリー

第12話
「恐怖の大晦日、地球最後の日!?」最終話

(9月26日(土)深夜0:50~1:20)

大晦日。
イケ麺そば屋の屋台に一人の女性があらわれる。なんとその女性は池田社長(古田新太)の妹のユキ(犬山イヌコ)で、社長はユキを屋台の面々に紹介するが、ユキの口から出たのは意外な一言だった。
「ワシ、ユキちゃんちゃいまんねん。黒田でんねん」

しかし黒田金造(生瀬勝久)は今頃マネージャーとして『しにものぐるい(山西惇、八十田勇一)』の出場する紅白のリハーサルに行っているはず。

黒田を名乗るユキそっくりの人物の証言によると、黒田は数日前に謎の組織に拉致され、アジトに監禁されてしまったのだという。その際、同じく監禁され、とある薬を開発するように命令されていた池田の妹・ユキと出会った。
ユキの開発した薬とは、飲むと目の前の人物になってしまうというもの。黒田はその薬を飲んでユキになりすまし、敵が油断している間に組織のアジトから脱走し、この屋台へとやってきたのだという。

組織は、黒田の双子の弟・鉄造を黒田と入れ替え、『日本ブサメン化計画』を実行しようとしているらしい。

『日本ブサメン化計画』とは!?
そして、潤太郎たちは謎の組織の計画を阻止出来るのか!?
『しにものぐるい』は本当に紅白に出場出来るのかぁ~~~??
これが本当の最終回なのかぁ~~~??

 

第12話 犬山イヌコ