コンセプト

あなたは「がん」と聞いて何を想像しますか?
「怖い」「逃れられない」「不安だ」…
しかし、がん研究は驚異的に進歩を遂げ、生存率は飛躍的に上がりました。

今や、日本人の2人に1人がかかると言われる「がん」。(*)
それほどまでに「がん」は身近で、特別な病気ではなくなっています。

2月4日は「世界がんデー(World Cancer Day)」です。
日本テレビ報道局では、劇的に変わった「がん」を取り巻く現状を取材。
治療の最前線のほか、「がん」と共に生きる様々な人々を紹介します。

「がん」と共にある人、その家族、友人、そしてすべての人に
勇気と希望をもってもらえるよう、
「がんの先にある未来」について考えていきます。

(*)国立がん研究センターがん対策情報センター「がん登録・統計」2012年データに基づく累積罹患リスク

1

林家木久扇さん 落語家の“命”声を取り戻すまで

人気演芸番組「笑点」でおなじみ、落語家の林家木久扇さん(79)。
木久扇さんは、2000年に胃がん、2014年に喉頭がんと2度にわたり“がん”を患いました。

喉頭がんでは、落語家の“命”ともいえる「声」が出なくなりました。
引退も考えるほどつらい時、支えとなったものとは…

news every.では、闘病中に自らがつづった療養日記や「笑点」メンバーとの秘話を紹介。(2月3日予定)
真相報道バンキシャ!では、大切な人が突然がんになった時、家族はいかにして支えたのか…。
長男で落語家・二代目 林家木久蔵さんが知られざる家族愛を語ります。(2月5日予定)

2

「余命半年」宣告でも…前へ 山下弘子さん新たな決断

19歳で巨大な肝臓がんが見つかり、「余命半年」と宣告された山下弘子さん。
その後も、肺への転移と肝臓への再発を繰り返し、現在は根本的な治療法が見つかっていません。
それでも「今が幸せ」と人生を謳歌し、生きる希望を持ち続ける弘子さんの姿をカメラは追い続けています。
その弘子さんが、がんと向き合って5年になろうとしていた去年12月、
定期健診でこれまでなかった部位への転移が見つかり、彼女は初めてカメラの前で泣き崩れました。
NEWS ZEROでこれまで3回放送し、2015年には「特別版」も放送。

今回は、彼女が迫られている“新たな決断”をNEWS ZEROとnews every.でお伝えします。

また、2月3日のnews every.に出演予定です。

3

血液1滴で…がんも発見?…検査の最前線

これまでレントゲンやCT検査などの一般的な検査では発見できなかったがんが、
わずか血液1滴で分かるようになる検査の研究が実用化に向け進んでいます。
「身近になったがん」が「身近な検査」でわかるようになる。
血液や唾液、尿などで、どこまで発見できるのか?
最前線と課題を紹介します。

4

がん細胞が小さくなった女性…今注目の「免疫療法」とは

「オプジーボ」でも話題の最新治療として注目される“免疫療法”。
顔にできた「がん細胞」が“免疫療法”で小さくなった女性を取材します。
ただ非常に高価な薬で、効果が認められた患者はまだ2~3割と限定的。
この可能性と直面する問題とは…。
さらにビッグデータとAI・人工知能を使い自分にあう「治療」を即座に導き出す
知られざる研究の中身をお伝えします。

5

広がる“ヘアドネーション”って何?

がん治療の中で、多くの患者が苦痛に感じるという「脱毛」。そこで、病気やけがで髪の毛の悩みのある子供や女性のために、寄付された髪の毛でウィッグを作り、無償で提供する活動“ヘアドネーション”が今、広がりをみせているといいます。
いったいどんな活動なのか、どのような手助けとなるのか、取材しました。

詳細はこちら >

6

子供を抱えてがんになったら…母として“出来ること”

35歳の主婦・高橋絵麻さんは、夫と2人の娘の4人家族。
おととしの10月、乳がんが見つかり、それは10年生存率が約50%という種類のものでした。
その後、右乳房全摘出手術をうけるも、再発という不安を抱える毎日…
そんな中、彼女は動画で家族の日常を撮影するようになった。残された娘たちに母が何を思い、どう生きてきたか、娘を、家族をどんなに愛していたかを残すために…
そしていま彼女は言う、「がんになって、家族の愛を強く感じることができた そして以前よりも愛に溢れた家族になれた」
(2月2日news every.にて放送予定)

※当日のニュースによっては、放送日が変更になることがあります

「生きるってスゴイ がん新時代へ」
写真展

日本テレビのロビーでは、「がん」を通じて自分自身の「命」と真摯に向き合い、
今を生きている皆さんの写真展示を行っています。
心が折れそうになった時、支えとなってくれた人、もの、ことば。
そして今ここにいる幸せを、皆さんの笑顔とともに写真におさめました。

人は何かをきっかけに「不安」を「希望」に、「恐れ」を「勇気」に変えることができます。

いつか自分が困難と向き合わなければならなくなった時、前向きに生きるとはどんなことなのか、この写真展があなたの考えるきっかけとなれば幸いです。

会 期 1月30日(月)~2月5日(日)
時 間 10時から18時まで
場 所 汐留、日本テレビ2階ロビーにて開催