プレスリリース

一覧へ

2017年05月25日

『情報漏えい防止型SDメモリカード』の開発で
映像情報メディア学会
「技術振興賞」進歩開発賞を受賞

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保 好男)、および東芝メモリ株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役社長:成毛 康雄)は、情報漏えい防止型SDメモリカード「インターフェースロック機能Mamolica™ 付きSDメモリカード」の開発で、一般社団法人映像情報メディア学会「技術振興賞」進歩開発賞(研究開発部門)を受賞いたしました。この賞は毎年、映像情報メディアに関する研究や開発等で著しい功績をあげた個人または団体に授与されるものです。今回の受賞は、情報漏えい対策に寄与すると高く評価されたことによります。

20170525.jpgNFCによるロック解除とデータの読み出しが同時に行えるガジェット(試作品)
左:スマートフォン用 右:パソコン用

 現在、取材現場では、SDメモリカード記録型のテレビカメラやスチールカメラを多く使用しています。そのためSDメモリカードの盗難や紛失があった際にも、取材映像や個人情報が漏えいしない仕組みが以前から要望されていました。これまでの技術ではカメラの改造や専用のアダプタが必要となるなど、セキュリティのために煩雑な手順を踏まねばならず、ユーザーの利便性を確保することが課題でした。

 「インターフェースロック機能Mamolica™ 付きSDメモリカード」は、読み出しロック状態のままでも撮影ができることが最大の特徴です。さらに、スマートフォン等のNFC機能を用いて、特定ユーザーだけがSDメモリカード内のデータを読み出せるように制御されています。この技術が、カメラやパソコン本体に改造を加えることなく、情報漏えいを未然に防ぐことに大きく寄与したものです。

*Mamolicaは東芝メモリ株式会社の商標です。

以上
日本テレビ放送網株式会社 社長室 広報部