プレスリリース

一覧へ

2019年07月29日

株式会社ウィークデーの株式取得に関するお知らせ

 日本テレビ放送網株式会社(本社 東京都港区、代表取締役社長執行役員:小杉善信、以下当社)は、ファッション・ビューティー領域における「Droptokyo」「The Fashion Post」といったデジタルメディアの運営をはじめ、タレントマネジメント事業、クリエイティブスタジオ事業、デジタルマーケティング事業を行う株式会社ウィークデー(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長:横田大介、以下ウィークデー)の株主との間で、当社が、ウィークデーの全株式を取得することに合意いたしました(2019年8月1日時点に予定しているウィークデー株式の取得割合は約51.0%)。※なお、ウィークデーは、その完全子会社であるバンクオブストリート株式会社、ザポスト株式会社及びホリデー株式会社を通じて上記事業を運営しております。

株式取得の目的
 当社グループは「テレビを超えろ」をテーマに「総合コンテンツ企業への進化」を目指す「中期経営計画2019-2021日テレeVOLUTION」を先日発表いたしました。その中にもあります通りインターネット領域をビジネスの「柱」に成長させるべく、これまでもSVOD事業「Hulu」、AVOD事業「日テレTADA」、動画配信技術会社PLAYの設立等に取り組んでまいりましたが、若年層を中心とする生活者のインターネット利用時間の長時間化、今後見込まれる通信環境のさらなる高速・大容量化、及びそれらに伴うインターネット広告市場規模の拡大といった背景を踏まえ、当社グループのインターネットメディア事業展開の新たな取り組みとして、ファッション・ビューティー領域で10年以上にわたりコンテンツを制作し、メディアを運営してきたウィークデーを当社グループにお迎えすることが、当社グループ全体の企業価値向上に資するとの判断に至りました。

事業展開の概要
 当社グループといたしましては、これまでのウィークデーによるファッション・ビューティー領域のデジタルメディア運営、タレントマネジメント事業、クリエイティブスタジオ事業、デジタルマーケティング事業のノウハウと、当社グループのコンテンツ制作・メディア事業等のノウハウを合わせてシナジー効果を創出することで、より多くの生活者の皆様に、よりよい、これまでにないコンテンツをお届けすることが期待できるのではないかと考えております。

今後の見通し
 本件株式取得により、ウィークデーは当社の非連結子会社(持分法適用会社)となる予定ですが、当社グループの連結業績への影響は軽微との見通しです。今後の進捗状況に応じ、開示すべきものがあれば追って開示いたします。


株式会社ウィークデー 会社概要
■所在地:東京都渋谷区神宮前5-12-1 マハール表参道 #302
■設立:2008年9月24日
■代表者:代表取締役CEO 横田大介
■主要事業内容:インターネットメディア事業(http://weekday.co.jp/

(下記、ウィークデー完全子会社)
バンクオブストリート株式会社
■所在地:東京都渋谷区神宮前5-12-1 マハール表参道 #201
■設立:2018年4月2日
■代表者:代表取締役 沼澤裕太
■主要事業内容:ファッションスナップメディア「Droptokyo」の運営(https://droptokyo.com/

ザポスト株式会社
■所在地:東京都渋谷区神宮前5-12-1 マハール表参道 #302
■設立:2018年4月2日
■代表者:代表取締役 沼澤裕太
■主要事業内容:ラグジュアリーファッションメディア「The Fashion Post」の運営(https://fashionpost.jp/

ホリデー株式会社
■所在地:東京都渋谷区神宮前5-12-1 マハール表参道 #302
■設立:2018年4月2日
■代表者:代表取締役 佐藤茉莉
■主要事業内容:所属モデル・タレントのマネジメント・育成(http://holiday-management.com/

以上
日本テレビ放送網株式会社 社長室 広報部