プレスリリース

一覧へ

2011年02月08日

株式会社マッドハウスの第三者割当増資引受(子会社化)に関するお知らせ

日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 細川知正、以下日本
テレビ)は、株式会社マッドハウス(本社:東京都中野区、代表取締役社長 落合正美、以下マッ
ドハウス)が第三者割当増資により発行する新株を引受け、マッドハウスを日本テレビの子会社と
することと致しましたので下記の通りお知らせします。



マッドハウスは、1972 年に、虫プロダクションに参加していたスタッフを中心としてスタートし
た老舗中堅アニメ制作会社で、「メトロポリス」、「バンパイアハンターD」等の劇場作品、「カード
キャプターさくら」「はじめの一歩」等のTV シリーズなど、多彩なアニメ作品を発表してきました。
「獣兵衛忍風帖」、「千年女優」等は、海外において高い評価を得ており、マッドハウスの名前は海
外においても広く認知されています。また、マッドハウスは、米国マーベル社の有するキャラクタ
ーを基にしたアニメ作品を制作する権利を与えられており、「アイアンマン」、「ウルバリン」等をア
ニメ化しています。

日本テレビは、マッドハウスの株式10.4%を所有する第2位の株主でもあり、近年では、深夜テ
レビアニメ枠での共同製作、また日本アカデミー賞「最優秀アニメーション作品賞」をはじめとす
る数々の賞を獲得し、興行的にも大ヒットした劇場アニメ「サマーウォーズ」を共同製作するなど
緊密な関係にあります。

マッドハウスは、リーマンショック後の激変した経営環境への対応に苦慮していますが、日本テ
レビは、マッドハウスの有するアニメ制作力とブランド力を高く評価しており、マッドハウスを日
本テレビグループ内に取り込むことで、映画、放送、商品化、ビデオグラム化、VOD 配信等、日本
テレビグループ内においてこれまで以上に広くビジネス展開ができると考え、今般、マッドハウス
及びマッドハウスの親会社である株式会社インデックスと協議した結果、マッドハウスによる第三
者割当増資約10 億円を全額引受けることと致しました。

今般の第三者割当増資引受の結果、日本テレビ持分は、約85%となり、日本テレビの子会社とな
ります。日本テレビよりコンテンツビジネスに精通した人材を経営陣として派遣して、マッドハウ
スの持つアニメ制作力と日本テレビグループの企画力、営業力を結合させ、市場ニーズにあったア
ニメ作品を生み出すと共に、日本テレビの有するコンテンツ管理ノウハウ等も導入し、3年後には
年間営業利益3億円を目指します。

本件投資は、日本テレビの強みを活かして事業ポートフォリオの多様化を図るという、日本テレ
ビグループの中長期戦略に沿ったものであり、中期的に日本テレビグループの企業価値向上に資す
るものと考えています。

以上


日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部