プレスリリース

一覧へ

2011年08月03日

民放キー局5社と電通が共同でVODサービスを推進

日本テレビ放送網株式会社
株式会社テレビ朝日
株式会社TBSテレビ
株式会社テレビ東京
株式会社フジテレビジョン
株式会社電通


日本テレビ放送網・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビジョン(以下、民放キー局
5社)と電通は、今後普及が予想されるインターネットTV※1 上において、民放各社が主体となった
有料課金型のVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを共同で推進していくことに基本合意しま
した。

テレビ受像機の機能が多様化する中、民放キー局5社と電通は、地上波放送でのリアルタイム視聴
※2 を促進し、番組視聴時間を拡大する民放独自のVODサービス(以下、民放VOD)の提供を、2012
年度から2014年度を本格運用に向けた準備期間として位置付け、その導入を計画※3 しています。

この民放VODは、テレビの価値を向上させるという共通認識のもと、視聴者により多くのテレビ
番組への視聴機会を提供することで、テレビ番組の視聴者層を拡大し、テレビ番組のファンを増やそ
うとするものです。

既存のインターネットTV上でのVODサービスは、VODタイトルをメニュー等から検索するユー
ザーインターフェイスが主流であるのに対し、民放VODは、簡単で誰でも使いやすいユーザーイン
ターフェイスを開発し提供することを検討しています。

なお、動画視聴の可能なデバイスの普及や、生活者のライフスタイルの多様化に対応するため、
この民放VODを、インターネットTVだけではなく、スマートフォン・タブレット端末などマルチ
デバイスにも広げ、リアルタイム視聴に繋げる流れを作り出すことにより、テレビの価値の最大化を
図っていきます。

※1:インターネットを通じて動画視聴が可能なテレビ受像機
※2:現在放送中の番組をライブで視聴すること
※3:サービス開始時期は6社で検討中


日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部