プレスリリース

一覧へ

2012年03月09日

第33回NNSアナウンス大賞決定!日本テレビ・藤井貴彦アナウンサーがテレビ部門大賞受賞!!

今年で33 回目を迎えたNNS アナウンス大賞の授賞式が、3 月8 日(木)に行われました。NNS 各
社の中で、昨年1 年間、放送全般に渡って工夫を凝らし、豊かな表現で、日本テレビネットワーク
全体のパワーアップに貢献したアナウンサーに贈られます。
授賞式には、日本テレビネットワーク各社の約400 名のアナウンサーの中からノミネートされた
「北海道・東北」、「関東・中部」、「西日本」、「九州」の全国4 ブロックの代表11 人が出席し、テレ
ビ部門大賞、ラジオ部門大賞、最優秀新人賞が選ばれました。


テレビ部門大賞 日本テレビ 藤井 貴彦(ふじい たかひこ)アナウンサー

1994 年入社。2010 年4 月にスタートした「news every.」のメインキャスターを務め、各局激戦
の夕方ニュースの時間帯で視聴率トップを争う番組へと成長させ、「夕方の顔」として定着していま
す。
受賞について「今ふりかえってみて、2011 年3 月11 日、テレビがここまで直接視聴者の方々に
避難を呼びかけ続けた日は、歴史上なかったと思います。この2011 年の大賞を受賞したことで、新
たな責任を感じております」と語りました。日本テレビアナウンサーの大賞受賞は、第30 回(2009
年)の羽鳥慎一アナウンサー以来となります。

20120309_01.png

受賞した藤井アナウンサー(左)と日本テレビ・大久保好男 代表取締役 社長執行役員


ラジオ部門大賞 アール・エフ・ラジオ日本 小林 幸明(こばやし よしあき)アナウンサー

1997 年入社。年間30 試合以上の野球実況を担当するほか、箱根駅伝、東京マラソンなどの国内
屈指のロードレースや高校サッカーなどを実況。2 時間半のワイド番組「くず哲也のコバヤシラジ
オ」のパーソナリティも担当しています。
ラジオ部門大賞について「嬉しい気持ちと同時に、大変な賞を頂いたと思っております。もっと
もっと表現力豊かなアナウンサーになりたい」と決意を新たにしていました。

20120309_02.png

受賞した小林アナウンサーとアール・エフ・ラジオ日本・新井修一郎 代表取締役社長


最優秀新人賞 福島中央テレビ 緒方 太郎(おがた たろう)アナウンサー

2009 年入社。1 年目から記者職と兼務でスポーツを中心に取材。またテレビ新潟と連携した番組
で温泉中継を担当し、汗をかきながらのリポートから「福島の手ぬぐい王子」としても親しまれて
います。
「今回の受賞は、誇りとして、プレッシャーとして、来年度もさらに仕事に邁進してまいりたい
と思います」と新人らしく力強く抱負を語りました。

20120309_03.png

受賞した緒方アナウンサーと福島中央テレビ・村西敬生 代表取締役社長


特別賞 テレビ岩手アナウンサー、ミヤギテレビアナウンサー、福島中央テレビアナウンサー

今回、アナウンス大賞特別賞を、テレビ岩手、ミヤギテレビ、福島中央テレビのアナウンサー全
員が受賞しました。東日本大震災の被災地から情報を発信し、テレビの可能性に挑戦し続けた各局
のアナウンサーの、復興に向けての活動を後押しすべく設けられた賞です。

20120309_04.png

(左から)特別賞を代表で受賞した福島中央テレビ・徳光雅英アナウンス部長、
テレビ岩手・柴柳二郎 報道制作局次長兼アナウンス部長、ミヤギテレビ・吾妻秀謙 報道制作局アナウンス部次長


また前回、第32 回NNS アナウンス大賞の授賞式を中止したため、テレビ部門大賞のミヤギテレビ・
伊藤拓アナウンサー、ラジオ部門大賞の山形放送・青山友紀アナウンサーへの花束贈呈も併せて行
われました。


日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部