プレスリリース

一覧へ

2012年03月30日

「24時間テレビ」福祉車両を宮城で贈呈~全国176台のうち25台~

日本テレビなど全国31 の民間放送局で構成される「24 時間テレビ」チャリティー委員会は、昨
年放送した24 時間テレビ「愛は地球を救う」で全国の皆さまよりお預かりした募金の中から、東日
本大震災の被災地を含む全国の団体・個人へ贈呈させて頂く事にした福祉車両176 台のうち、本日、
宮城県において各団体へ25 台の贈呈式を行いました。各団体を代表して、社会福祉法人 女川町社
会福祉協議会の阿部恵子会長が、株式会社 宮城テレビ放送の務台猛雄代表取締役社長から鍵の贈呈
を受け、「所有する11 台の福祉車両のうち、10 台を津波で流されました。先は長いと思いますが、
このような車両を頂きましたので、焦らず一歩一歩、皆さんの笑顔が見えるような福祉活動を続け
てまいります。皆さまの善意に心から感謝いたします」と述べました。


20120330_01.png
女川町社会福祉協議会 阿部会長(右)に鍵を贈呈する宮城テレビ放送 務台社長
20120330_02.png
仙台市民広場で贈呈された福祉車両

贈呈させて頂いたのは、東日本大震災で大きな被害を受けた沿岸部を中心とした地域の21 団体で、
特に気仙沼市や塩釜市、名取市の団体は、かつて24 時間テレビから贈呈された福祉車両を含め、ほ
とんどの車両を津波で失いました。今回贈呈された25 台には、訪問入浴サービスを行う入浴車や、
障害者やお年寄りの送迎を行なうリフト付きバス、スロープ付き自動車などのほか、仮設住宅入居
者の移動支援を担うワンボックスカーも含まれています。


なお被災地へは、昨年12 月28 日に千葉県で2 台、1 月26 日に岩手県で26 台、2 月8 日に福島県
で16 台の福祉車両を贈呈させて頂きました。被災4 県への69 台を含む全国176 台の福祉車両は、
今回の宮城県をもって全て贈呈させて頂きました。


皆さまの温かいご協力、ありがとうございました。


日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部