プレスリリース

一覧へ

2012年07月12日

NNNドキュメント'12「行くも地獄、戻るも地獄~倉澤治雄が見た原発ゴミ~」が
JCJ賞に選定

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保好男、以下 日本テレビ)が中京テレビ、札幌テレビと共同制作したNNNドキュメント'12「行くも地獄、戻るも地獄~倉澤治雄が見た原発ゴミ~」(3月11日OA)について、日本ジャーナリスト会議は、優れたジャーナリズム活動・作品に対して贈るJCJ賞に選出したと発表しました。

 日本ジャーナリスト会議は受賞理由として、番組がアメリカ、フランス、モンゴル、そして日本各地の原発から出る放射性廃棄物処分の実態に鋭く迫った事や、"原発ゴミ"の処分技術を確立しないまま原発を推進してきた現実を厳しく告発した事を挙げ、高く評価しています。

 なお、地上波テレビ番組の受賞は、全受賞作6点の中で1点のみでした。


20120712.jpg
NNNドキュメント`12「行くも地獄、戻るも地獄~倉澤治雄が見た原発ゴミ~」より


 JCJ賞は、日本ジャーナリスト会議(JCJ)が1958年以来、年間の優れたジャーナリズム活動・作品を選定して贈っているもので、今年は55回目となります。贈賞式は8月11日に行われます。


日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部