プレスリリース

一覧へ

2012年10月23日

「国際ドラマフェスティバルinTOKYO」
「東京ドラマアウォード」で作品賞グランプリ含む7部門受賞!

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 大久保好男、以下 日本テレビ)は、「国際ドラマフェスティバルinTOKYO」において「東京ドラマアウォード」作品賞グランプリを含む、7部門で受賞いたしました。
 日本テレビの作品賞グランプリは「アイシテル~海容~」以来、3年ぶり2回目となります。

~作品部門~
・連続ドラマ グランプリ 「家政婦のミタ」
・連続ドラマ 優秀賞   「妖怪人間ベム」
・アジア賞         「家政婦のミタ」

~個人部門~
・脚本賞          遊川和彦「家政婦のミタ」
・プロデュース賞     大平太 「家政婦のミタ」
・助演男優賞       長谷川博己「家政婦のミタ」
・助演女優賞       杏「妖怪人間ベム」

20121023-1.jpg
受賞する「家政婦のミタ」関係者

20121023-2.jpg
受賞する「妖怪人間ベム」関係者

 「国際ドラマフェスティバルinTOKYO」は、日本のテレビドラマの海外発信促進を目指し、放送コンテンツに関わる全ての関係者が参加する、国内初の国際的なドラマ祭です。「東京ドラマアウォード」は「世界に見せたい日本のドラマ」をコンセプトに、作品の質の高さをはじめ、「市場性」「商業性」を含め審査されます。過去1年間に放送した全ドラマの中から<優秀賞>と最高位<グランプリ>が与えられ、また個人の業績を讃えてタイトルが与えられます。「アジア賞」は、「アジアのバイヤーが買いたいドラマ」との視点で選考するものです。

 日本テレビは今回の受賞を励みに、今後も世界の皆さまにもお楽しみ頂けるコンテンツの製作に務めてまいります。

日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部