プレスリリース

一覧へ

2013年10月07日

ソーシャル視聴サービス「JoinTV」
オープンプラットフォーム化を決定
11月より、WOWOWへ提供開始

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保好男、以下 日本テレビ)は、同社が運営するソーシャル視聴サービス「JoinTV(ジョインティービー)」を11月よりオープンプラットフォーム化し、日本テレビ以外の放送事業者へも提供することを決定しました。

 オープンプラットフォーム化による第一弾の展開として、11月に株式会社WOWOWが実施する大型無料放送番組向けに提供することが決定し、番組中で「JoinTV」を活用し、視聴者参加型・セカンドスクリーン企画を実施します。

 「JoinTV」は2012年3月に日本テレビが開発・実用化したサービスで、テレビとソーシャルメディアを融合させた新たな視聴体験を実現しています。さらにスマートフォンやタブレットなどのセカンドスクリーンとの連携を可能にしており、視聴者はセカンドスクリーンを片手に、友だちと一緒に番組と連動したさまざまな企画を楽しむことが出来ます。

 今回、「JoinTV」が持つ多くのAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)と呼ばれる仕組みを日本テレビ以外の放送事業者が利用できる環境を整えることによって、これまで「JoinTV」が提供してきたサービスの多くを比較的簡便に実現していただけるようになります。

 そして、将来的には、ビッグデータをテレビ局同士で共有し、精度の高いデータを利用して、よりよい番組やサービスの提供につなげることもできます。

20131007.jpg

 今後も、日本テレビは「JoinTV」のオープンプラットフォーム戦略を推進し、放送事業者及びテレビを利用した全ての事業者への拡大を目指し、次世代のテレビの価値を創出していきます。

以上
日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部