プレスリリース

一覧へ

2013年11月15日

「JoinTV」を活用した「O2O2O」戦略プロジェクトが始動
3社がプロジェクトに参画

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:大久保好男、以下 日本テレビ)は、2013年11月15日に開催した「JoinTVカンファレンス2013」で、当社が開発したソーシャル視聴サービス「JoinTV」を活用した新しい広告・販促モデルである「O2O2O」を推進する戦略プロジェクトを始動させ、このプロジェクトに参画するパートナー企業3社を発表しました。

 「O2O2O」とは、放送(オンエアー)から通信(オンライン)、そしてリアルスポット(オフライン)への流れを表現したもので、「Onair to Online to Offline」を意味します。番組視聴やCM視聴という放送(オンエアー)からスマートフォンやタブレットなどのネット上(オンライン)へ誘導し、さらに、スマートフォンから、実店舗やイベントなど(オフライン)に誘導することをいいます。
巨大なリーチを有するテレビCMと、ますます普及するスマートフォン、さらにリアルな店舗やイベントを組み合わせることによって、効率的な広告展開や、消費者との豊かなコミュニケーションを実現することができます。

 本プロジェクトには、インタラクティブ広告、WiFi技術、ビッグデータ解析技術などの各分野を代表する3社が参画し、今後「JoinTV」を中核とした「O2O2O」プラットフォーム作りに取り組んでまいります。

 本プロジェクトに参画する企業は以下の通りです。

・株式会社バスキュール(本社:東京都港区、代表取締役:朴正義)
インタラクティブ広告の分野で、日本屈指の実績を誇る企画制作会社です。これまでも、テレビとインターネットを組み合わせた双方向番組を多数開発しています。本プロジェクトでは、バスキュールが開発した「インタラクティブ・エンターテインメント・プラットフォームMIES(Massive Interactive Entertainment System)」と「JoinTV」を融合させ、新たな双方向番組のプラットフォームを提供します。

・株式会社ビーマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉野文則)
駅周辺・空港・列車内・コンビニ・外食産業などで展開する公衆無線LAN網の開発や企画に大きな実績を持つ企業です。本プロジェクトでは、ビーマップが開発した「PUSH型コンテンツ配信システテム」と「JoinTV」を連携させ、実店舗などへのスムーズな消費者の誘導を実現します。

・日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口泰行)
世界最大のソフトウェア会社の日本法人です。本プロジェクトでは、ビッグデータ収集・解析に関わるクラウドプラットフォームを提供します。またO2O2O技術を災害対策や医療などの社会インフラとして活用する際の技術支援や、普及に向けた営業連携などを実施します。

*「日テレJoinTVカンファレンス2013」ホームページ : http://www.ntv.co.jp/jointv/

 今後も、日本テレビはパートナー各社と共に、テレビとスマートフォン、実生活を密接に結びつけた、新たな価値を視聴者の皆さまに提供してまいります。


日本テレビ放送網株式会社 総務局 総合広報部