お使いのブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

日テレ RECRUIT

MESSAGE メッセージ

社長メッセージ

夢を叶える挑戦を

皆さんはこれから就職活動という「挑戦」をしていきます。
胸の中は、期待や不安、緊張でいっぱいなのではないかと推察します。

「夢を持たぬ者は、現実を造ることができない」という言葉があります。
この言葉の通り、私は皆さんにまず「夢」を持ってほしいと思っています。
そして「夢」を実現する「挑戦」のひとつとして、就職活動に向き合ってもらいたいと考えています。

2014年、日本テレビは視聴率三冠王を獲得しました。

「見たい、が世界を変えていく。」という信念のもと、
社員ひとりひとりが気概を持ち、創意工夫を続けた結果です。

自分の「見たい」を企画し、視聴者の「見たい」を実現するために、
「おもしろい」をとことん追求し続ける制作現場の社員たち。

報道機関として「いま、何を伝えるべきなのか」、
求められている「見たい」とは何かを模索し、使命を果たすために走り続ける社員たち。

そんな仲間たちの集まりが日本テレビです。

自分で作った番組で数千万人が「笑う」。
世界で起きていることをいち早く正確に「届ける」。
やりがいのある、魅力的な仕事ではないでしょうか。

放送以外の事業についても新たな「挑戦」を行っています。
アジアNo.1メディア企業を目指し、ビジネスの提携などを積極的に行っている海外事業、
動画配信会社「Hulu」を運営するインターネット事業などがその例です。

日本テレビは、努力すれば報われる、働き甲斐のある会社です。
これは私が責任をもって保証します。

ただ、社員は、何に「挑戦」するのか、何をして会社に貢献するのか、
自分で考え、自分で提案し、自分で実行しなければならない。
これが日本テレビのルールです。

さあ、日本テレビの次の時代を切り拓くのは皆さんです。
「挑戦」する仲間と一緒に、あなたの「夢」を叶えてください。
私はその応援団長でありたいと思っています。

日本テレビ放送網株式会社
代表取締役 社長執行役員

大久保 好男