お使いのブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

日テレ RECRUIT

アナウンス部

聞き上手であること

番組MC

水ト 麻美Asami Miura

2010年入社
文学部 英米文学専攻 卒

『ヒルナンデス!』『幸せ!ボンビーガール』『有吉ゼミ』などを担当。2014年に初の『24時間テレビ』総合司会を担当し、2015年も担当。

INTERVIEW MOVIE
ALL PEOPLE

日々の小さな幸せを届けたい

小学生の頃から朝の情報番組が大好きでした。番組の内容はもちろんですが、知的で凛とした姿のアナウンサーって素敵だなと思いながら観ていましたね。いつしか私も、日々のちょっとした幸せを届ける、ほっこりした気分になれるような番組に携わることができたらと考え、アナウンサーを志すようになりました。日テレを選んだ理由ですか? 日テレを選んだというよりは、日テレに選んでもらったというのが正解ですね(笑)。入社以来、仕事をしていた日はすべて印象に残っているほど、濃い日々を送っています。

初心忘るべからず!

『ヒルナンデス!』の1回目の放送は忘れられないです。緊張して、台本通りにしゃべることだけで精一杯でした。でも、そのときに持っていた緊張感と責任感を忘れてはいけないと思っています。それと『ヒルナンデス!』は失敗が失敗になりにくいんです。私が何か失敗をしても、出演者の皆さんがそれを拾って笑いにつなげてくれるので、失敗していないようにも見えてしまう。けれど、それは周りが助けてくれただけのこと。そこを勘違いしないようにしています。私は自分の出演した番組はすべて録画しているのですが、初心を忘れないよう、1回目の放送はよく見返すようにしています。

『24時間テレビ』の総合司会

感無量です。今でも覚えているんですけど、アナウンサーの採用面談で日テレのイメージは?と聞かれて、「黄色です」と答えたんです。日テレっていうと『24時間テレビ』の黄色いチャリティーシャツのイメージが自分の中で大きくて…入社してからも夢が叶うとしたらいつか『24時間テレビ』の総合司会をやってみたいって思ってたんです。でもいざ、上司から「『24時間テレビ』の総合司会をやってもらいたい」って言われて、「あっ、本当に感動すると声がでないものなんだな」って思いました(笑)。ただ、うれしいと同時にすごい責任感が押し寄せてきたんです。私にとって大きな転機になると思ってます。

聞き上手であること

心がけているのは、聞き上手であること。アナウンサーはしゃべる仕事なので、「うまく話さないといけない」ということばかりを考えがちですが、実は人の話を聞くことも同じくらい大切なんです。インタビューやリポートの場で、相手からどんな話を引き出せるかで、番組の内容は大きく変わってきます。できるだけいい話を引き出すために、人の話にはしっかりと耳を傾け、表情をよく見るようにしています。もう一つ心がけているのは、つねにアンテナを張っておくこと。みんなが注目しているニュースから、小学生の間で流行しているギャグまで、新しい情報はなんでもキャッチするようにしています。

MESSAGE

一歩一歩、着実に!

小さな目標を立ててそれに向かって全力で取り組んでほしいと思います。私、実はすごく先のことまでは考えないようにしてるんです。目の前のことをひとつひとつやっていったら、あとから結果がついてくるってことが多いんですよね。『24時間テレビ』の総合司会という夢も同じ。毎日のお仕事を自分なりに全力で取り組んでいたら叶ったんです。就活の時も、私はすごい特技とか面白い趣味もなかったけど、自分にできることをこつこつとやっていました。たとえ小さいことでも一歩一歩着実にやっていったら夢って叶うものだと信じています。皆さん、夢に向かって一緒にがんばりましょう!

わたしの
「見たい、が世界を変えていく。」

私の「見たい」は、ひとりでも多くの人の笑顔です。私が担当している『ヒルナンデス!』、『幸せ!ボンビーガール』、『有吉ゼミ』は、放送時間も違えば、きっと見ている方の場所や状況も違うと思います。ご飯を食べながらなのか、仕事の合間なのか、おやすみ前なのか...そんなひと時に、何か少しでも笑顔になってもらえたら...。スタジオからその笑顔を実際に見ることはなかなかできないけれど、番組を見ていただいている方の笑顔を心に思い浮かべている毎日です。そのためにもまず、私も笑顔を忘れずに。笑顔が笑顔を生み、何かが変わるのではないかと、信じています。