お使いのブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

日テレ RECRUIT

アナウンス部

作品の最後に
命を吹き込む

ナレーション

徳島 えりかErika Tokushima

2011年入社
法学部 政治学科 卒

『Going! Sports&News』『行列のできる法律相談所』『ズームイン!!サタデー』『スッキリ!!』などを担当。

ALL PEOPLE

アナウンサーは
原稿を読む人だと思っていた

将来は、報道記者とか出版の編集者になって「人に何かを伝える仕事」につきたいと思っていました。そんなことを思っていた大学2年生の冬。大学の講義にアナウンサーの方が来てくれたんです。生意気ですが、それまでアナウンサーは「与えられた原稿をただ読む」というイメージだったんです。でもその方が「自分で取材をして、ディレクターと相談しながら原稿を作って放送している。放送すると取材相手・テレビを観た人にプラスの影響を与えられる」というお話をしてくれました。アナウンサーは原稿や台本を読む人ではなくて、自分の力で多くの人と感動を共有できる仕事なんだ!と知って、私もそんな仕事がやってみたいと思ったんです。

声だけの出演、それは究極の仕事

ナレーションはバラエティーや情報、スポーツ、報道のVTRなどに「声だけで出演する仕事」です。声だけで番組を進行したり、VTRに色を添えたり、表現をする…。声だけが頼りのナレーションってごまかしが効かないのでアナウンサーにとっては究極の仕事だと思いますね。私はまだまだへたで今でも失敗ばかりですが、間の取り方、声のトーン、抑揚を意識してナレーションをしています。日テレアナウンス部にはナレーションの名手といわれている先輩が多くて…天性の声質と年月とともに練られたまろみのある声…情感たっぷりな声って素敵ですよね。

作品の最後に命を吹き込む

ナレーションってVTR制作の過程の最後に行うんです。取材(ロケ)に行って、撮影をして、編集をする。これでVTRのほとんどが完成するのですが、最後の仕上げとしてアナウンサーがナレーションブースにこもってVTRを見ながらナレーションを読む。作品の仕上げに関わるんだという責任感がやりがいだと思います。自分のナレーションのリズム・声色でVTRの雰囲気が変わってしまいますからね。多くのスタッフが何日もかけて作り上げた作品に「最後に命を吹き込む」といいましょうか、とても難しくて、繊細なお仕事です。

東京オリンピックを目指して

日本テレビのアナウンス部は、若手にどんどんチャンスを与えてくれるんです。私は2年目でロンドンオリンピックの現地キャスターを務めさせていただきました。オリンピックの仕事に関わるというのは夢だったので、ロンドンではメダリストの話を聞けたり、毎日が刺激的で充実していたんです。でも日本に帰ってきて「私はオリンピックの魅力を皆さんにお伝えできていたのだろうか」と反省して…楽しい思い出がとたんに全部悔しい思い出になってしまいました。もっと何が出来るか自分なりに考えて行動しなくては行った意味がないと…2020年には東京オリンピックがあります。それまでには経験と実力をつけて視聴者のみなさんに「感動」をお伝えしたいです。

MESSAGE

自分の引き出しをたくさん作ってほしい!

アナウンサーの仕事は、ナレーションもあればスポーツの実況、番組MCなど多岐にわたります。どのお仕事もやってみると奥が深くて、本当に楽しい!だからアナウンサーの仕事は好奇心旺盛な人が向いていると思います!学生時代は、時間はたっぷりあると思うのでやりたいことがあればやる!これが好きだからこれしかやらないという食わず嫌いはしないで、あれも面白そうだね、これもやってみよう!といろいろなことに挑戦して欲しいと思います。経験は自分の財産になるんですよね。学生の皆さん!少しでも興味のあることは何でもやってみて、ぜひ自分の引き出しをたくさん作ってください!

わたしの
「見たい、が世界を変えていく。」

「On your mark(位置について)」――この言葉がスタジアムに響くと、とてつもなく熱狂していた約8万人の観衆が一点に見入り、静まり返りました。ロンドン五輪・陸上100m決勝です。そこからたった10秒足らずでボルト選手はゴールしてしまいましたが、現地で見ていて、その10秒はこれまで味わったことがない程、ワクワクして胸が高鳴りました。興奮、感動、尊敬...オリンピックにはこんな言葉では足りない、と思うほど心動かされる場面がたくさんあります。私は世界中の人がTOKYOでドキドキする瞬間を「見たい」。そしてその時のために、今から準備は始まっています。