『警視庁鑑識班9』

<出演>
  <スタッフ>
中山 淳彦 西村 和彦 脚  本 石川 雅也
岩崎 鉄男 角野 卓造 下村  優
細井 貞男 赤井 英和 監  督 下村  優
細井 絹子 手塚 理美 チーフプロデューサー 佐藤  敦
細井亜希子 小泉 ゆみ プロデューサー 木川 康利
定岡 誠一 天宮  良 音  楽 川村 栄二
塚田 淳子 上原亜希子 企  画 酒井 浩至
松崎 将夫 山口 粧太
大宮管理官 清水 章吾    
緑川 主任 本城丸 裕    
菊地 警部 三浦 浩一    
青柳 刑事 北山 雅康    
沢村 技官 本田勝太郎    
石田 技官 石井 洋祐    
矢吹 幸代 根岸 季衣    


<あらすじ>
  池袋のラブホテル街でハデな身なりの女の絞殺死体がみつかった。一課の刑事と共に出動した鑑識班の中山(西村和彦)、岩崎(角野卓造)らは、被害者の首に付着していたカシミヤの繊維片、着衣から犬のものと思われる毛を発見。強く引っぱられた痕跡のあるバッグからは、被害者以外の指紋を検出した。

 まもなく夜ごと相手を替えて遊び回っていた被害者が、評判のいい印刷会社OL・塚田淳子(上原真季子)と判明。その体から検出された体液から、淳子は殺される前、AB型の男とホテルにいたことが明らかになった。

 淳子の婚約者・松崎(山口粧太)や、印刷会社の関係者に、AB型の人物はいない。中山らは、以前、鑑識にいた所轄の刑事・細井貞男(赤井英和)らと共に調査を続行。物盗りによる犯行、との見方を強めた。

 ところが、観察医務院からの報告で、淳子が覚醒剤の常習者だと判明。淳子が入ったホテルのゴミを残らず調べた結果、覚醒剤の売人でAB型の定岡(天宮良)が捜査線上に浮上した。

 捜査陣は、さっそくその愛人のアケミ(平沙織)をマークして定岡を覚醒剤の所持で逮捕。だが、取り調べに対し、定岡は淳子とホテルに行ったことは認めたものの犯行は否認。金に困った淳子が定岡の手先になり覚醒剤を売っていたと供述した。そして、まもなく定岡のアリバイが証明されたことから、捜査はフリ出しに戻った。

 そんな中、中山は、細井の背広に着いていた毛が、淳子の着衣から採取した犬の毛と同じものだと偶然知り、岩崎に打ち明けた。細井は、妻・絹子(手塚理美)、高校生の亜希子(小泉ゆみ)と3人暮らし。岩崎は、細井夫婦の仲人をやったほど親しいのだ。  6年前、覚醒剤中毒の男に両親が殺された絹子は、その怖さを十二分に分かっているはず。だが、その指紋を調べた岩崎らは、淳子のバックに残っていたものと同じだと知り、ア然。捜査陣は、細井を捜査から外す一方、絹子の事情聴取を行った。絹子は現場近くを通りかかったと認めたが、両親を殺した犯人が淳子の父親だと分かり、その立場は極めて悪い。まもなく、絹子の手紙から、亜希子が覚醒剤に手を出し、定岡の周辺をウロついていたことが分かった。

 だが、絹子と亜希子の無実を何としても信じたい細井と岩崎、中山らは、再度現場周辺をしらみつぶしに捜索し、思わぬ遺留品を発見して──。