『取調室 12』

<出演>
  <スタッフ>
水木正一朗 いかりや長介 原  作 笹沢 左保
小田切由希 千堂あきほ (『不倫岬』より)
黒柳 千秋 脚  本 洞澤美恵子
小田切由布子 監  督 鷹森 立一
石川捜査一課長 西田  健 チーフプロデューサー 佐藤  敦
大河原刑事 宮川一朗太 プロデューサー 田中 芳樹
衣山 刑事 沼田  爆 伊藤  猛
    音  楽 大谷 和夫
    企  画 酒井 浩至


<あらすじ>
 佐賀県呼子市内にあるホテルの一室で、東京でエステサロンを経営する黒柳千秋の刺殺死体が発見された。遺体の第一発見者は、事件発生当時、郷里の壱岐に行っていたという千秋の秘書・小田切由希(千堂あきほ)。警察は、死体の上にあった折り鶴、物色された形跡のある室内の状況から、怨恨と物盗りの両面から捜査を開始した。

 由希のアリバイは、中学時代の友人、レンタカー業者らの証言などから確実。警察は、由希の証言から、たびたび千秋に金をせびりにきていた北尾という初老の“アル中”男に着目した。長崎出身の千秋は結婚歴がなく家族も既に亡くなったため天涯孤独。そのため事業の発展だけを生きがいにしてきたらしい。

 まもなく、由希が多額の借金を抱えていることが判明。捜査当局は、刑事に激しく抵抗したのをきっかけに、由希を千秋殺害容疑で逮捕した。折りから、千秋の会社が倒産。その原因が由希の横領にあるらしい、との情報が東京から届き、捜査陣の意気は上がった。

 だが、取り調べを担当した水木(いかりや長介)に対し、由希は無罪を主張。殺害の動機は明らかになったものの、そのアリバイが補強されて完璧になったため水木らはさらに追い込まれた。由希の拘留の期限は10日間。水木の由希に対する心象はクロであった。

 そんな中、行方不明だった北尾が死体で発見された。検死の結果、死因は農薬を飲んだことによる中毒死。現場から遺書と思しき紙片、千秋の死体から抜き取った指輪、預金通帳やカードなどがみつかり、千秋を殺した後、罪悪感に苛まれて自殺した可能性が高い。北尾のポケットには、千秋の死体の上にあったのと同じ折り鶴があった。

 捜査陣は北尾犯人説が大勢となり、由希を早期に釈放すべし、との声が高まった。だが、北尾が由希の家出した父親だと知った水木は、裏に必ず何かが隠されているとにらむ。北尾の家出の原因は、千秋との駆け落ち。由希は今でも2人を恨んでいると知った水木は、犯罪の臭いを確信した。

 そして、拘留期限の前夜、水木は、部下の“やってないって、本当じゃないですか”という何げない一言から、ついに由希のカラクリを見破った。他殺は自殺、自殺は他殺──水木は、由希が自殺した千秋を他殺に見せかけ、殺した北尾を自殺したように工作した、と考えたのだ─。