小京都ミステリー
 『長崎ビードロ殺人事件』

<出演>
   <スタッフ>
柏木 尚子 片平なぎさ 脚  本 いずみ 玲
山本 克也 船越英一郎 監  督 野村  孝
椎名 璢璃 国生さゆり チーフプロデューサー 佐藤  敦
河合 達夫 萩原 流行 プロデューサー 前田伸一郎
笹岡 靖彦 小野寺 昭 野木小四郎
椎名 勇造 石立 鉄男 音  楽 丸谷 晴彦
矢沢 正之 尾美としのり 企  画 酒井 浩至
笹岡 和枝 松本 留美
笹岡 陽介 青木 堅治
河合 滋子 三ツ矢歌子    
草薙管理官 草野  仁    


<あらすじ>
 尚子(片平なぎさ)と克也(船越英一郎)が、長崎の伝統工芸品を取材した直後、市街地を臨む稲佐山で他殺死体を発見した。殺されたのは地元でハタと呼ばれる凧を作る職人・矢沢(尾美としのり)。尚子らは、市内で椎名璢璃(国生さゆり)という女ビードロ職人を取材、璢璃の紹介で笹岡靖彦(小野寺昭)というハタ職人に会ったのだが、矢沢はこの笹岡の弟子であった。

 尚子は、事件に興味を抱いたが、次の取材地、長崎の小京都・島原へ。ところが、市内を巡っていた尚子らが、偶然、璢璃を知る河合(萩原流行)という男と知り合った。璢璃の父・椎名勇造(石立鉄男)は、10年前、作業場の火事で焼死。1人残された璢璃は、父が残したノートを頼りに独学で修業してきた。河合は、以前、この椎名の弟子だったのだ。

 璢璃の話によると、椎名の焼死は、璢璃が東京で会社勤めをしていた時の出来事。悲報は、椎名の親友だった笹岡から璢璃に伝えられた。椎名の死後、笹岡は璢璃をまるでわが子のように面倒をみてきたらしい。

 まもなく、矢沢が殺された当時、璢璃が現場にいたことが判明。矢沢から執拗に言い寄られていた璢璃が警察の事情聴取を受けた。笹岡の妻・和枝(松本留美)、息子・陽介(青木堅治)らの話を合わせると、笹岡が異常に璢璃を可愛いがったことから、嫉妬した矢沢は自暴自棄になりストーカー行為に及んだらしい。

 だが、璢璃の名を聞いた際の河合の表情を思い出した尚子は、事件に別の何かが絡んでいるとにらむ。璢璃、笹岡夫婦、河合らはそれぞれ何かを隠している様子なのだが、尚子には分からない。やがて、海に転落したとみられる河合の変死体が発見され、連続殺人の可能性もでてきた。

 そんな中、璢璃に会った尚子は、10年前の火事の原因に事件解決の糸口があるとにらんだ。資料によると、燃えた作業場の持ち主は笹岡で、出火原因は作業場で働いていた椎名の火の不始末。尚子は、この原因を放火と仮定してみたのだ。火事の少し前、小学1年生だった陽介は、笹岡が椎名に“出てってくれ”といっていたのを記憶していた。

 10年前を知る関係者を訪ねた尚子らは、当時、笹岡が株で大損したものの、火災保険で多額の金を手にしていた事実を確認。璢璃の恩人である笹岡が事件の中心人物だと気付いた──。