警部補 佃次郎(12)
『死にいそぐ女』

<出演>
   <スタッフ>
佃  次郎 西郷 輝彦 企  画 酒井 浩至
立原 時子 かとうかずこ 原  作 夏樹 静子
佐野 妙子 藤田 朋子 脚  本 佐藤  茂
井上 由香 三原じゅん子 監  督 広瀬  襄
立原 章吾 梨本謙次郎 チーフプロデューサー 増田 一穂
立原 剛志 清水 昭博 プロデューサー 杉山 邦彦
佐野 伸明 鈴木 一功 小橋 智子
早 田 刑 事 六平 直政 清水 一夫
石堂捜査一課長 ベ ン ガ ル 音  楽 丸谷 晴彦
前沢警部補 大河内 浩


<あらすじ>
 警察に、自殺予告の電話を受けた、との連絡が入り、捜査の結果、山梨県富士吉田市内の別荘で、井上由香というバーのママの自殺体が見つかった。警察に通報してきた主婦・立原時子の話によると、由香は時子の夫で会社社長・立原剛志の愛人。佃(西郷輝彦)が周辺捜査をしようとした矢先、その立原の絞殺死体が東京渋谷区の由香の自宅で、立原の弟で専務の立原章吾らによって発見された。

 捜査陣は、立原、由香の死亡時刻、由香が残した遺書などから、不倫関係の清算を考えた無理心中ではないか、とにらむ。ところが、遺書の署名時刻の数字が何者かによって、改竄されていたことが判明。佃らは一転、殺人事件として捜査を開始した。

 由香の殺害現場の遺留品などから、立原を殺した犯人は、東名か中央高速を使い富士吉田に行っている。佃は、以前、立原の下で働いていた佐野伸明の妻で、時子と由香の短大時代の友人でもある妙子に注目。妙子が時子と同じく由香から自殺予告電話を受け、富士吉田に行った事実が明らかになったことから、追及を強めた。妙子は愛犬が死亡した問題に絡んで、立原に激しい恨みを抱いていたのだ。

 だが、妙子は富士吉田の現場に行ったことは認めたものの、事件への関与を否認。また、時間的にも、妙子が立原を殺すことは不可能であった。
 捜査陣は、共犯の線もあるとみて佐野のアリバイを調べるが、事件とは無関係。追いつめられた捜査陣には、時子と妙子の共犯説まで現れた。

 まもなく、捜査陣は、妙子が章吾と接触しているのを確認。にわかに、立原の異母弟である章吾が捜査線上に浮上した。佃の事情聴取に対し、妙子は由香の死体を発見したあと、すぐに由香に心を寄せていた章吾に連絡した、と証言。章吾は由香の死を知り、一晩中立原を捜していた、と話した。だが、章吾には、事件当夜、会社にいたとの目撃証言があり、捜査陣に焦りが走る。

 そんな中、佃は、犯人が遺書の署名時刻だけを改竄したことに着目。犯人が死体に何か細工したのではないかとにらんだ。
 2つの現場での徹底捜査を始めた警視庁と山梨県警の鑑識は、まもなく由香のマンションの冷暖房のスイッチから章吾の指紋を検出して――。