地方記者・立花陽介(17)
『越中高岡通信局』

<出演>
   <スタッフ>
立花 陽介 水谷  豊 企  画 酒井 浩至
   久美 森口 瑤子 脚  本 岡本 克己
松尾 加奈 沖   直未 監  督 吉川 一義
佐山レイ子 芦川よしみ チーフプロデューサー 増田 一穂
つ や 子 岩倉 高子 プロデューサー 長富 忠裕
佐山 敏夫 木下 浩之 赤司 学文
石塚 はな 冨士眞奈美 石川 好弘
平山 るみ 松本智代美
今野 高志 中西 良太    
今野 夕子 棟  里佳    
根岸 隆一 片桐 竜次    
角 田 刑 事 石橋 蓮司    


<あらすじ>
 陽介(水谷豊)が富山県高岡の通信局に赴任して程なく、近くの雨晴海岸で男の刺殺死体が発見された。被害者は、高岡出身で東京在住の佐山敏夫で、なぜか越中おわら節の囃子言葉の書きつけを所持していた。東京から遺体の確認にきた妻・レイ子(芦川よしみ)の話によると、佐山はギャンブルと女遊びに明け暮れ、最近、若い女と姿を消していたらしい。

 陽介は、たまたま手にした携帯から、佐山が最後に『加奈』というバーに電話していたことを確認。だが、訪ねたバーのママ・松尾加奈(沖直未)は、店に掛かってきたことは認めたものの、間違い電話だったという。

 東京本社の記者・根岸(片桐竜次)の情報によると、佐山と一緒に姿を消したのは平山るみという風俗嬢。佐山は交通事故の休業保証金に絡んで知人の会社の証明書を偽造、有印私文書偽造と詐欺の容疑で逮捕寸前だった。陽介は、殺人の疑いが掛かったその知人が、自分の学生時代の友人・今野高志だと知り、慌ててそのアリバイを証明する。地元で蒲鉾屋を経営する今野は、るみと東京で会ったことがあり、佐山に、高岡の隣り町・新湊の出身だと紹介されたという。

 まもなく、担当の刑事・角田(石橋蓮司)の捜査で、るみが新湊に来ていたことが判明。角田ら捜査陣はるみの身柄確保へ向け全力をあげた。だが、努力も空しく、るみは他殺死体で発見された。
 動機の面から考えると、借金を作って女と逃げた佐山を一番恨んでいるのはレイ子。レイ子が加奈と一緒にいる所を目撃した陽介は、2人の間に何か浅からぬつながりがあるとにらんだ。警察は富山空港にいたレイ子の身柄を拘束。角田はさっそくレイ子の取調べを開始した。

 そんな折、陽介が撮ったレイ子と加奈の写真を見た久美(森口瑤子)は、“風の盆”が全国的に有名な八尾の展示館に祭の浴衣を着た2人の若い頃の写真があったことを思い出した。浴衣の柄などから調べると、2人は少なくとも20歳前後から知り合いだったらしい。

 八尾にレイ子の叔母・つや子が住んでいると知った陽介はさっそく訪ね、当時の話を聞いた。それによると、レイ子は、写真を撮った次の年、親友の加奈が結婚の約束をしていた佐山と駆け落ちし姿を消していたのだ。
 角田の取調べでレイ子が2つの犯行を自供する中、陽介は加奈を訪ねて――。